ジャムナ川(読み)ジャムナがわ(英語表記)Jumna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャムナ川
ジャムナがわ
Jumna

別称ヤムナ Yamuna川。インド北部を流れるガンジス川の一支流。ヒマラヤ山脈中に源を発し,南流してウッタルプラデーシュ州ハリヤナ州の州境に沿って流れ,デリーアーグラを経て,アラーハーバード付近でガンジス本流と合流。全長約 1376km。流域は灌漑用水路の発達が著しく,この間,東ヤムナ水路,西ヤムナ水路,アーグラ水路に水を供給。合流点はヒンドゥー教の聖地となっている。

ジャムナ川
ジャムナがわ
Jamuna

バングラデシュ中北部を流れる川。ブラマプトラ川の下流。ブラマプトラ川がバングラデシュ北部でオールドブラマプトラ川を分けてから,中部でパドマ川と合流するまでの間をさす。全長約 160km。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャムナ川
じゃむながわ
Jamuna

インド北部のヒンドスタン平野を流れるガンジス川の支流。ヤムナYamuna川ともいう。ヒマラヤ山脈のバンダルパンチ山(6315メートル)西麓(せいろく)に源を発し、同山脈を横断して南流、カールシでトン川をあわせ、デラ・ドゥーン付近でヒンドスタン平野に出る。以後ガンジス川と並行して南東流し、デリー東部を通り、アグラのタージ・マハル寺院の裏を流れたあと東へ流路をかえる。さらにデカン高原から流れてきたチャンバル川、ベトワ川、ケン川などをあわせ、アラハバードでガンジス川に合流する。流域は、ジャムナ川とガンジス川との間に広がる幅100キロメートル前後のドアブとよばれる河間地域など豊かな農業地帯で、東ジャムナ用水路、西ジャムナ用水路、アグラ用水路など、灌漑(かんがい)用水路網がある。流域にはヒンドゥー教などの聖地も多い。[成瀬敏郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android