コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャール平原 ジャールヘイゲン

デジタル大辞泉の解説

ジャール‐へいげん【ジャール平原】

Plain of Jars》ラオス中部に広がる平原。アンナン山脈の北西、ポーンサワンの近郊に位置する。標高1200~1400メートル。紀元前500年から紀元800年頃のものとされる数百もの石壺が点在。石棺として使用されたと考えられているが、定かではない。チャンニン平原シエンクアン高原

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ジャール平原【ジャールへいげん】

ラオス北東部,シエンクアン省に広がる高原地帯。標高1000m以上。新石器時代の巨大な石甕(ジャール)をはじめ考古学資料が多数出土した。ミヤオ族などの少数民族が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャールへいげん【ジャール平原 Plaine des Jarres】

ラオス中央部の平原。ベトナム国境のアンナン山脈から延びる標高1000m前後の石灰岩質の高原で,ラオスの屋根の一つを形成する。行政的にはシエンクアン省を中心とした地域で,チャンニン高原またはシエンクアン高原ともいう。中心のシエンクアン市(人口約1万)はヨーロッパ風の小都市である。巨大な石甕(ジャール)が多数発見されたことにちなんで命名されたもので,これら新石器時代の大小の石甕は,葬礼に関した骨壺といわれ,人間が10人ほど入る大石甕もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャール平原
ジャールへいげん

シエンクワン高原」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャール平原
じゃーるへいげん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジャール平原の関連キーワードミヤオ(苗)族シエン・クアンラオスビン

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android