コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュンガル(準噶爾)盆地 ジュンガルぼんちJunggar pendi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュンガル(準噶爾)盆地
ジュンガルぼんち
Junggar pendi

中国北西部,シンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区北部の盆地。北東をアルタイ (阿爾泰) 山脈,南をテンシャン (天山) 山脈にはさまれ,西にはカザフスタンとの国境の低山山地がある。面積は 38万 km2中国第2の内陸盆地である。東から西にやや傾斜し,東端は標高 1000m,西部のエビノール (艾比諾爾) 湖では 189m。エルティシ (額爾斉斯) 河 (イルトゥイシ川) の谷とアラタウ (阿拉) 峠を通って,西方の湿気を含んだ風が吹込むため,テンシャン山脈以南よりは降水量が多い。中央部はグルバンテュンギュト (古爾班通古特) 砂漠であるが,移動性の砂丘は少く,多くは固定砂丘か半固定砂丘。周辺は大草原地帯をなし,ウマ,ヒツジ,ウシの牧畜が盛ん。南縁の沖積扇状地には,テンシャン山脈の雪どけ水によるオアシスが連なり,古くから中国と西アジアを結ぶ交通路の一部となって,天山北路の名で知られた。人民共和国成立後は多数の用水路が引かれ,シーホーツー (石河子) 市周辺やマナス (瑪納斯) 県では耕地が砂漠の縁辺にも広がっている。石油資源が豊富で,カラマイ (克拉瑪依) 市のように近代的な石油採掘と精製を行う都市が出現している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジュンガル(準噶爾)盆地の関連キーワードシンチヤン(新疆)ウイグル(維吾爾)自治区グルバンテュンギュト(古爾班通古特)砂漠テンシャン(天山)山脈イリ(伊犁)自治州マナス(瑪納斯)湖アルタイ[山脈]ウス(烏蘇)県チョチェク市ウルムチ伊寧

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android