コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュンガル盆地 ジュンガルボンチ

大辞林 第三版の解説

ジュンガルぼんち【ジュンガル盆地】

中国、新疆ウイグル自治区の北部、天山山脈とアルタイ山脈との間にある盆地。砂漠と草原が広がる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュンガル盆地
じゅんがるぼんち / 準爾盆地

中国、新疆(しんきょう/シンチヤン)ウイグル自治区北部の盆地。北西はジュンガル界山、北東はアルタイ山脈、南は天山(てんざん/ティエンシャン)山脈に囲まれ、イリ・カザフ自治州と昌吉(しょうきつ/チャンチー)回族自治州にまたがる。東西約1000キロメートル、南北最大約500キロメートルの三角形をなす。東高西低の地形で、南東部では標高約1000メートル、西方のジュンガル界山山麓(さんろく)の低地にはウルングル湖、マナス湖などの湖があり、西端のエビノールでは湖面標高は189メートルにすぎない。盆地内は砂漠やゴビ(礫質(れきしつ)砂漠)が多い。盆地中央を占める4万8800平方キロメートルのグルバンテュンギュト砂漠はタクリマカン砂漠に次ぐ中国第二の砂漠である。植生が比較的多い、固定、半固定砂丘が大部分で、放牧地が広がっている。そのほか、南東にはウスゥ砂漠、北西にはブルチン砂漠などがある。山麓には集落やオアシスが分布し、解放軍などによる開墾地が広がり、牧畜のほかワタ、小麦の栽培が盛ん。[駒井正一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のジュンガル盆地の言及

【イリ[川]】より

…このうち,中国の伊寧を中心とする中流域では,灌漑によって米,綿花などの農業や馬の飼育が盛んである。またこの地域は,古来ジュンガル(準噶爾)盆地と中央アジアのシル・ダリヤ流域を結ぶ重要な交通路であった。漢代には伊列,伊利水,唐代には伊麗河と記されている。…

※「ジュンガル盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジュンガル盆地の関連キーワードシンチヤン(新疆)ウイグル(維吾爾)自治区新疆(ウイグル自治区)新疆ウイグル自治区ウイグル自治区ブルルトカイアルタイ山脈ジュンガリアジュンガルシーホーツ天山南北路カラマイカルピニ天山山脈東アジアマナス河檀石槐マナス鮮卑西北鉄勒