コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョアン・ペソア ジョアンペソア

百科事典マイペディアの解説

ジョアン・ペソア

ブラジル北東部,パライバ州の州都。食料油,繊維,セメントなどの工業がある。パライバ川に臨み,大西洋岸の外港カベデーロがある。カボ・ブランコはじめ,美しい海浜に恵まれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョアン・ペソア
じょあんぺそあ
Joo Pessoa

ブラジル北東部、パライーバ州の州都。パライーバ川沿岸に位置する。人口59万7934(2000)。砂糖と綿花の生産地域の中心地として栄え、18世紀の修道院や教会などがある。市街の中心部に円形の池(ドリーネ)を巡る美しい公園と高級住宅地区がある。大西洋岸のタンバウー地区には宇宙ステーションをかたどったニーマイヤー設計のホテルをはじめ多数のホテルや別荘があり、海浜保養地として知られる。郊外のパライーバ川河口にある外港カベデーロはブラジル北東部の重要港で、対岸に日本の捕鯨基地があった。[山本正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジョアン・ペソアの関連キーワードトランス・アマゾン・ハイウェーカンピナ・グランデパトス(ブラジル)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android