コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョリー ジョリーJolly, George

6件 の用語解説(ジョリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョリー
ジョリー
Jolly, George

[生]?
[没]1673頃
イギリスの俳優。初めフォーチュン座に属していたが,のちドイツに渡り,フランクフルトを中心に活躍。ドイツ演劇に影響を与えたイギリスの巡業俳優の最後の一人。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ジョリー
ジョリー
Joly, John

[生]1857. ホーリウッド
[没]1933.12.8. ダブリン
アイルランドの地質学者。ダブリン大学卒業。同大学教授 (1897) 。地殻変動における放射性物質の熱の役割を強調し,熱の放散と蓄積の周期性によって地殻変動の周期性を説明,いわゆる地殻変動の熱的輪廻説を発表した (1924) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ジョリー
ジョリー
Jolley, Elizabeth

[生]1923.6.4. イギリス,バーミンガム
[没]2007.2.13. オーストラリアパース
オーストラリアの小説家。本名 Monica Elizabeth Knight。風変わりな登場人物が多数登場する乾いた喜劇タッチの小説を得意とし,特に女性たちを愛情をこめて描いた。ドイツ語を話すイギリスの家庭で育ち,1959年にオーストラリアのパースに転居。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ジョリー

アメリカのシンガー・ソングライター、アル・クーパーが1972年に発表したアルバム「ネイキッド・ソング(赤心の歌)」に収録された曲。クーパーが当時交際していたクインシー・ジョーンズの娘に捧げたラブ・ソング。原題《Jolie》。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジョリー【John Joly】

1857‐1933
イギリスの地質鉱物学者,物理学者。アイルランドのオファリー生れ。ダブリンのトリニティ・カレッジに学び,1882年卒業後同カレッジの助手となり,97年より死去まで地質鉱物学教授の地位をしめた。初期の発明に蒸気熱量計があり,これにより鉱物の比熱を決定した。1895年にはガスフィルターを用いたカラー写真撮影法を考案。後年,放射能に関心をもち,地球の歴史においては熱源として放射能が重要な役割を果たすことを基礎とした〈地殻輪廻説〉を唱えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョリー
じょりー
John Joly
(1857―1933)

アイルランドの地質鉱物学者。オファリー州に生まれる。ダブリン大学のトリニティ・カレッジで学び、1897年、同大学教授となった。鉱物の融点、比熱の精密測定法、天然色写真撮影法の開発を行う。のちに放射能による熱の蓄積と地殻変動についての学説で著名となる。これは、放射能熱を地殻変動の根本原因とした初めての学説である。地殻下部で放射能による熱が蓄積し、下部層の密度の減少、体積膨張による地球半径の増大、アイソスタシーによる大陸の地殻の沈下がまずおこり、次に熱は大洋底に放散し、逆の現象として地球半径の縮小、大陸の地殻の浮上がおこる。地球半径の縮小の際の圧縮によって造山運動がおこり、熱の蓄積がまた始まる。このようにして、海進、海退、造山運動が周期的におこると述べている。[木村敏雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジョリーの関連キーワードヴィルマンカロン道具屋節野呂松遣い延宝三藩の乱生白庵行風コメ生産枠の県間調整隠元埋木

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジョリーの関連情報