コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョンズタウン ジョンズタウン Johnstown

2件 の用語解説(ジョンズタウンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョンズタウン
ジョンズタウン
Johnstown

アメリカ合衆国,ペンシルバニア州南西部の都市。ピッツバーグの東約 90km,コネモー川の上流に位置する。 1800年ジョンヨセフによって建設され,鉄鋼業および石灰採掘の中心地として繁栄したが,89年5月,上流のダムが決壊して 2000名以上の死者を出したことは有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョンズタウン
じょんずたうん
Johnstown

アメリカ合衆国、ペンシルベニア州南西部の工業都市。人口2万3906(2000)。鉄鉱、瀝青炭(れきせいたん)の一大産地の中心に位置する。重工業を軸に各種工業が立地し、とくに市域を流れるコネモー川沿岸域は鉄工所、製鋼所などが集積する。しかし、石炭産業が不振のため市の人口減少が目だつ。1770年町がつくられ、南北戦争後の鉄鋼業の発達に伴って急速な発展をみた。1895年市制施行。幾度かの水害にみまわれ、とくに1889年、1936年の大洪水は多大な被害を及ぼした。周囲を美しい山々に囲まれ、自然を生かした行楽・保養地も多い。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョンズタウンの関連キーワードアレンタウンピッツバーグアメリカン合衆国ネブラスカペンシルベニア亜米利加ペンシルベニア・バレエ団キスカ[島]アメリカ合衆国最高裁判所

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone