ジル ロマン(英語表記)Gil Roman

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
バレエダンサー,振付師 モーリス・ベジャール・バレエ団芸術監督

国籍
フランス

生年月日
1960年11月29日

出生地
アレス

受賞
ニジンスキー賞〔2006年〕

経歴
7歳からバレエを始め、モンテカルロのマリカ・ベゾブラゾヴァ、カンヌのロゼラ・ハイタワー、ホセ・フェランに師事。ベジャールの「想像のモリエール」に感銘を受け、パリでオーディションを受けて1979年ブリュッセルの20世紀バレエ団(現・モーリス・ベジャール・バレエ団)に入団。「イリュミナシオン」で初舞台を踏み、’83年「未来のためのミサ」の主役に抜擢される。以来、ベジャール作品のほとんどの作品に出演。代表作に「アダージェット」「ディブーク」「ニーベルングの指輪」「ハムレット」「中国の不思議な役人」「ホアンとテレサ」「バレエ・フォー・ライフ」「ブレルとバルバラ」など。’93年カンパニーの副芸術監督に就任。’95年には初の振付作品を発表。主な振付作品に「衣は僧を作らず」(’95年)、「ベラについての考察」(’97年)、「鯨のエコノグラフィー」(2003年)、「精神のカジノ」(2004年)、「アリア」(2009年)などがある。また、ベジャールによる映画や劇作に出演するなど、幅広い活動を続ける。2007年12月ベジャールの死を受けて、ベジャール・バレエ・ローザンヌの芸術監督に就任。遺作「八十分間世界一周」を携えてのツアーを成功させた。2009年映画「ベジャール、そしてバレエはつづく」(アランチャ・アギーレ監督)に出演。1982年以来、来日多数。2009年「ベジャール・ガラ」開催で来日、東京バレエ団を指導。2014年ベジャールの大作「第九交響曲」を東京バレエ団と共同で上演。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android