コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジンバイソウ Platanthera florenti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジンバイソウ
Platanthera florenti

ラン科の多年草深山のおもにブナ帯の樹陰に生える。高さ 30cm内外。葉は2枚で根もと近くに相接して互生する。楕円形または卵状楕円形で,長さ5~8cm,表面に光沢があり,縁は波状にちぢれている。上部には数枚の鱗片葉がある。8~9月,茎の上部に十数個の淡緑色の花をまばらな総状花序につける。唇弁は正面に舌のように垂れ,距は前方に湾曲する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジンバイソウ
じんばいそう
[学]Platanthera florentii Fr. et Sav.

ラン科の多年草。ミズモランともいう。塊茎と塊根はあまり肥厚せず、横走する。花茎は高さ20~40センチメートル、基部に光沢のある葉を2枚、やや対生状につける。8~9月、同じラン科のキソチドリに似た花を開く。冷温帯の林床に生え、日本全土に分布する。日本の特産種であるが、日本に近縁なものはなく、非常に近い種類が北アメリカにある。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のジンバイソウの言及

【ツレサギソウ】より

…ホソバノキソチドリP.tipuloides Lindl.の群は花の黄色味が強く,亜高山帯の湿原に群生する。そのほか,ブナ帯の林床にジンバイソウP.florenti Fr.et Sav.,低山の林床にオオバノトンボソウP.minor (Miq.)Reichb.f.(ノヤマトンボ),湿原に花の白いミズチドリP.hologlottis Maxim.などが比較的多くみられる種類である。【井上 健】。…

※「ジンバイソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジンバイソウの関連キーワードラン科井上

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android