コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイジガイ スイジガイ Lambis chiragra; chiragra spider conch

3件 の用語解説(スイジガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スイジガイ
スイジガイ
Lambis chiragra; chiragra spider conch

軟体動物門腹足綱ソデボラ科。殻高 24cm,殻径 16cmに達する。成貝になると殻は重厚で,6本の角状突起ができるが,それらが「水」字形を呈するのでその名がある。殻には黄白色の地に黒褐色の小斑が散在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スイジガイ

ソデボラ科の巻貝。殻に6本の太く長い角状突起があって〈水〉の字状になるのでこの名がある。高さ24cm,幅16cm。殻表は黄白色で,黒褐色の縞(しま)状の斑が散在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スイジガイ
すいじがい / 水字貝
gouty spider conch
[学]Harpago chiragra

軟体動物門腹足綱スイショウガイ科の巻き貝紀伊半島以南、西太平洋、インド洋に分布し、サンゴ礁や浅海の礫底(れきてい)にすみ、足裏が狭いので、蓋(ふた)を海底にひっかけながらジグザグにはう。殻高24センチメートル、殻径16センチメートルに達し、成殻になると、前溝、後溝が角(つの)状の突起となり、さらに外唇から4本の角状の突起が出るため「水」の字形となる。体層には太い螺肋(らろく)があり、その上に節が生ずる。貝殻の表面は黄白色で、その上に褐色の不規則な斑紋(はんもん)が多数ある。殻口の外唇は拡張しているが、殻口は狭まっていて、淡紅色。外唇の内壁や内唇から軸唇にかけて多くのひだがある。軟体は長い柄(え)のついた目をもち、眼柄の途中から触角が出る。蓋は角質のつめ状である。幼若期は突起が生じていないため紡錘形で、別種のようにみえる。水の字の形にあやかり、南西諸島ではこれを門口にかけて火事除(よ)けのまじないとする風習がある。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スイジガイの関連キーワード単板類頭足類軟体動物有肺類後鰓類前鰓類象水母磯粟餅軟体類腹足綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スイジガイの関連情報