コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイジガイ スイジガイLambis chiragra; chiragra spider conch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スイジガイ
Lambis chiragra; chiragra spider conch

軟体動物門腹足綱ソデボラ科。高 24cm,殻径 16cmに達する。成貝になると殻は重厚で,6本の角状突起ができるが,それらが「水」字形を呈するのでその名がある。殻には黄白色の地に黒褐色の小斑が散在する。体層は大きく,太い螺肋がある。殻口の外唇は広く開くが,殻口内は急に狭くなり,淡紅色の多くの皺がある。幼貝の殻は薄く,6本の突起もないので,別種のようにみえる。雄は雌よりも小型で,角状突起が短く,以前はシワクチガイと呼ばれ,別種とされていた。紀伊半島以南のインド洋,西太平洋に広く分布し,潮間帯下から水深 20mの砂礫底に生息する。殻が「水」字形のため,家の軒下につるして火難よけのまじないとする風習があった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

スイジガイ

ソデボラ科の巻貝。殻に6本の太く長い角状突起があって〈水〉の字状になるのでこの名がある。高さ24cm,幅16cm。殻表は黄白色で,黒褐色の縞(しま)状の斑が散在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スイジガイ
すいじがい / 水字貝
gouty spider conch
[学]Harpago chiragra

軟体動物門腹足綱スイショウガイ科の巻き貝。紀伊半島以南、西太平洋、インド洋に分布し、サンゴ礁や浅海の礫底(れきてい)にすみ、足裏が狭いので、蓋(ふた)を海底にひっかけながらジグザグにはう。殻高24センチメートル、殻径16センチメートルに達し、成殻になると、前溝、後溝が角(つの)状の突起となり、さらに外唇から4本の角状の突起が出るため「水」の字形となる。体層には太い螺肋(らろく)があり、その上に節が生ずる。貝殻の表面は黄白色で、その上に褐色の不規則な斑紋(はんもん)が多数ある。殻口の外唇は拡張しているが、殻口は狭まっていて、淡紅色。外唇の内壁や内唇から軸唇にかけて多くのひだがある。軟体は長い柄(え)のついた目をもち、眼柄の途中から触角が出る。蓋は角質のつめ状である。幼若期は突起が生じていないため紡錘形で、別種のようにみえる。水の字の形にあやかり、南西諸島ではこれを門口にかけて火事除(よ)けのまじないとする風習がある。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スイジガイの関連キーワード松林山古墳巴形銅器貝輪

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android