コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイゼンジナ(水前寺菜) スイゼンジナ Gynura bicolor

2件 の用語解説(スイゼンジナ(水前寺菜)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スイゼンジナ(水前寺菜)
スイゼンジナ
Gynura bicolor

キク科の多年草で,熱帯アジアの原産。日本では栽培品であったが,九州南部では野生化して湿地に群生しているところがある。茎の基部は木化してやや斜めにはい,高さ 40~50cmの枝を出す。葉は長楕円形で質が厚く軟らかい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スイゼンジナ【スイゼンジナ(水前寺菜) Gynura bicolor DC.】

若芽および葉を食用とするキク科の多年草。熱帯アジアの原産で,奄美大島,九州南部には野生化している。日本に入ったのは1759年(宝暦9)で,スイゼンソウと記している。現在は熊本市の水前寺にわずかに自家用として栽培されている。草丈は30~60cmになる。茎は分岐生長して開張し,ときに匍匐(ほふく)状になることがある。葉は互生し肉厚で,卵状披針形である。先端がとがり,葉縁には鋭い鋸歯がある。葉面は光沢があり,表面は緑色,裏面は茎とともに淡紫色をおびる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スイゼンジナ(水前寺菜)の関連キーワードノビル(野蒜)甘菜反魂草森薊夜衾草うるいカルドンキクオヤマボクチ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone