コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水前寺菜 スイゼンジナ

3件 の用語解説(水前寺菜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すいぜんじ‐な【水前寺菜】

キク科の多年草。高さ30~60センチ。葉は柔らかく、裏面は紫色。夏、黄赤色の頭状花を開く。東南アジア熱帯の原産で、葉を食用とする。名は、水前寺で栽培されたのにちなむ。はるたま。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

水前寺菜

熊本県に自生するキク科の多年草。自家栽培もある。葉の表は濃い緑色で、裏は赤紫。独特のぬめりがある。熱帯アジアの原産で、18世紀半ばに中国から渡来したと伝えられ、名称は熱湯に入れるとスイゼンジノリに似ることに由来するとも、水前寺の茶席で用いられることが多かったためともいわれる。沖縄・奄美地方の「ハンダマ」、金沢地方の「金時草(きんじそう)」も同じ品種。おひたし、天ぷら、炒め物などにして食する。熊本市により「ひご野菜」に認定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すいぜんじな【水前寺菜】

キク科の多年草。モルッカ諸島原産。高さ約50センチメートル。葉は狭長楕円形で、裏面は濃紫色を帯び、多肉質で軟らかい。夏、枝頂に黄赤色の頭花を十数個つける。葉を食用、花を観賞用にするため熊本県など暖地で栽培する。ハルタマ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水前寺菜の関連キーワード沢小車野蕗森薊山母子八丈菜姫紫苑ニガナキククラムヨモギミヤコワスレ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水前寺菜の関連情報