コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水前寺菜 スイゼンジナ

デジタル大辞泉の解説

すいぜんじ‐な【水前寺菜】

キク科の多年草。高さ30~60センチ。葉は柔らかく、裏面は紫色。夏、黄赤色の頭状花を開く。東南アジア熱帯の原産で、葉を食用とする。名は、水前寺で栽培されたのにちなむ。はるたま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

水前寺菜

熊本県に自生するキク科の多年草。自家栽培もある。葉の表は濃い緑色で、裏は赤紫。独特のぬめりがある。熱帯アジアの原産で、18世紀半ばに中国から渡来したと伝えられ、名称は熱湯に入れるとスイゼンジノリに似ることに由来するとも、水前寺の茶席で用いられることが多かったためともいわれる。沖縄・奄美地方の「ハンダマ」、金沢地方の「金時草(きんじそう)」も同じ品種。おひたし、天ぷら、炒め物などにして食する。熊本市により「ひご野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

すいぜんじな【水前寺菜】

キク科の多年草。モルッカ諸島原産。高さ約50センチメートル。葉は狭長楕円形で、裏面は濃紫色を帯び、多肉質で軟らかい。夏、枝頂に黄赤色の頭花を十数個つける。葉を食用、花を観賞用にするため熊本県など暖地で栽培する。ハルタマ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

水前寺菜 (スイゼンジナ)

学名:Gynura bicolor
植物。キク科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

水前寺菜[葉茎菜類]
すいぜんじな

九州・沖縄地方、熊本県の地域ブランド。
主に上益城郡御船町・葦北郡芦北町などで生産されている。沖縄県ではハンダマ、石川県では金時草と呼ばれる。江戸時代からの栽培。名の由来には、水前寺の茶席でよく用いられていたからなど諸説ある。キク科の多年草で、葉裏の紫色が特徴。ゆでると独特のぬめりがあり、お浸し和え物などに利用される。くまもとふるさと伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

水前寺菜の関連キーワードスイゼンジナ暖地頭花

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android