スイゼンジナ

百科事典マイペディアの解説

スイゼンジナ

水前寺菜。熱帯アジア原産のキク科の野菜。暖地ではときに野生化している。高さ30〜60cm,多く分枝し,茎の下部はやや木化する。葉は長楕円形で厚く裏面は紫色となる。夏,枝先に黄色の頭花を開く。葉はゆでると柔らかく粘りがあり,浸し物,汁の実などとする。また花を観賞することもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スイゼンジナ
すいぜんじな / 水前寺菜
[学]Gynura bicolor (Willd.) DC.

キク科の多年草。茎は柔らかく、多数分枝し、他物に寄りかかると約4メートルになる。葉は互生し、長楕円(ちょうだえん)状披針(ひしん)形で、先端が鋭く、基部がくさび形で、縁(へり)には鋭い鋸歯(きょし)がある。やや多肉質で柔らかく、表面は緑色、裏面は紫色を帯びる。7~10月、枝の頂に大形の散房花序をつける。頭花は管状花のみからなり、赤黄色。総包葉は円筒状、総包片は1列である。東アジアの熱帯原産で、葉を食用とするため現地でも広く栽培される。日本でも古くから栽培されたが、四国南部や九州南部ではしばしば自生状となっている。名は、熊本県の水前寺で栽培されていたことによる。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android