コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイゼンジナ

2件 の用語解説(スイゼンジナの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スイゼンジナ

水前寺菜。熱帯アジア原産のキク科の野菜。暖地ではときに野生化している。高さ30〜60cm,多く分枝し,茎の下部はやや木化する。葉は長楕円形で厚く裏面は紫色となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スイゼンジナ
すいぜんじな / 水前寺菜
[学]Gynura bicolor (Willd.) DC.

キク科の多年草。茎は柔らかく、多数分枝し、他物に寄りかかると約4メートルになる。葉は互生し、長楕円(ちょうだえん)状披針(ひしん)形で、先端が鋭く、基部がくさび形で、縁(へり)には鋭い鋸歯(きょし)がある。やや多肉質で柔らかく、表面は緑色、裏面は紫色を帯びる。7~10月、枝の頂に大形の散房花序をつける。頭花は管状花のみからなり、赤黄色。総包葉は円筒状、総包片は1列である。東アジアの熱帯原産で、葉を食用とするため現地でも広く栽培される。日本でも古くから栽培されたが、四国南部や九州南部ではしばしば自生状となっている。名は、熊本県の水前寺で栽培されていたことによる。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スイゼンジナの関連キーワードヤムレタス水前寺水前寺公園水前寺菜水前寺海苔シュンギクツルレイシナタマメ小笠原の外来植物

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スイゼンジナの関連情報