スカシユリ(英語表記)Lilium maculatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカシユリ
Lilium maculatum

ユリ科の多年草。本州の温帯に分布し,海岸の砂浜や山地の崖に生える。高さ 30~60cmのユリの1種で,古くから栽培もされており,園芸品種が多い。鱗茎は地中に深く埋り,鱗片は白色でとがる。花をつける茎は鱗茎から直立し,夏に,その頂部に1~3個の花を上向きにつける。花被片は6枚で,各花被片の間にすきまができるので,スカシユリという。園芸品種のナツスカシユリは関西に多くみられ,花被が濃紅色。ハルスカシユリは関東に多く黄紅色である。北海道の海岸には変種であるエゾスカシユリ L. maculatum var. dauricumがしばしば群生している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スカシユリ

本州(紀伊半島・新潟県以北)の海岸にはえるユリ科の多年草。茎は高さ20〜60cm,葉は披針形で長さ4〜10cm。花は6〜8月,茎頂に数個,上向きにつく。花被片は6枚,橙色で濃色の斑点があり,基部が細まって間が透けて見える(透し百合の名はこれによる)。花壇・鉢植・切花用に栽培され,江戸時代以来改良されて多くの園芸品種がある。黄透(きすかし),千草,重代(じゅうだい),満月等の在来品種のほか,欧米の改良品種や両者の交雑品も多い。なお園芸界では栽培品種を総称してスカシユリといい,自生のものをイワトユリということもある。北海道には変種のエゾスカシユリが分布する。
→関連項目ユリ(百合)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スカシユリ
すかしゆり / 透百合
[学]Lilium pseudolirion Thunb.

ユリ科の球根草で、スカシユリ亜属の総称。茎は堅く、直立し、高さ15~70センチメートル。葉は披針(ひしん)形で水平につく。花は杯(さかずき)状で上向きに開き、花径は8~12センチメートル。花の付け根部分が細まり、花にすきまができるのでその名がある。花は橙(だいだい)色がおもであるが、まれに黄や橙赤(とうせき)色もあり、黒褐色の斑点(はんてん)が多く、香りはないが昆虫を引き付ける。スカシユリはその斑点により海岸生のものと山地生のものとに大別される。イワトユリは中部地方以北の太平洋側の海岸の砂地や岩場に生え、高性で、7~8月に花を開き、イワユリは矮性(わいせい)で、日本海側の岩場に生え、6月ころ花を開く。山地生のものとしてはヤマスカシユリとミヤマスカシユリがある。海岸生、山地生のもの以外に、北海道にはつぼみに毛のあるエゾスカシユリがあり、6~7月に花を開く。[坂本忠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスカシユリの言及

【ユリ(百合)】より

…北アメリカに25種,ヨーロッパに12種,アジアに59種あり,日本にはそのうち15種が数えられるが,とくに観賞価値の高いものが多く,世界的にユリの原産地として有名である。現在,一般に定着しているユリ属の分類法はウィルソンE.H.Wilsonの分類(1925)に基づくもので,花の形態によりテッポウユリ亜属Leucolirion(筒状花,横向き咲き,まれに下・斜め上・上向き咲き),ヤマユリ亜属Archelirion(漏斗状花,横向き咲き),スカシユリ亜属Pseudolirion(杯状花,上向き咲き),カノコユリ亜属Martagon(鐘状花,下向き咲き)の4亜属に分けられている。ユリ属の染色体数はオニユリ(三倍体)を除き,基本的にすべて二倍体で2n=24。…

※「スカシユリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スカシユリの関連情報