コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカブミ Sukabumi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカブミ
Sukabumi

インドネシア,ジャワ島西部,ジャワバラット州の都市。バンドン西方 75km,プリアンガン山地の標高 600mの高原に位置する。ゴム,米,トウモロコシ,茶,コーヒーなどを集散する。保養地でもある。ジャカルタ,バンドンと鉄道,道路で結ばれる。人口 10万 9994 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スカブミ【Sukabumi】

インドネシア,ジャワ島西部の都市。人口12万(1990)。ゲデ火山(2958m)南麓に立地し,ボゴール~バンドン間の鉄道に沿う。標高602mで気候も快適,風景も美しいため,20世紀初めから保養地として発展した。周辺は肥沃な高原で,良質の米,茶,コーヒー,ゴムの生産もあり,それら物資の集散地でもある。市街よりさらに300m高い所には,休養地スラビンタナが開かれている。インドネシアの中央警察学校がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スカブミ
すかぶみ
Sukabumi

インドネシア、ジャワ島西部の都市。ゲデ火山南西麓(なんせいろく)の標高602メートルに位置する。人口12万5400(1995)。快適な気候をもつ高地休養地として発達した。スンダ人の居住地の中心として、かつてのパジャジャラン王国の遺跡などもある。南方のプラブハン・ラトゥーの海岸休養地も近く、また近郊にはスラビンタナの高原保養地もある。付近の良質の米、コーヒー、茶、ゴムの集散地。中央警察学校が置かれている。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android