コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカラムーシュ スカラムーシュ 〈フランス〉Scaramouche

4件 の用語解説(スカラムーシュの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スカラムーシュ(〈フランス〉Scaramouche)

イタリアの即興喜劇(コメディア‐デラルテ)の道化役。黒い衣装をつけ、ほらをふき、空いばりする臆病者。17世紀の名優フィオリリによって完成されたという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

スカラムーシュ

フランスの作曲家ダリウス・ミヨーの2台のピアノのための作品(1937)。原題《Scaramouche》。サンバリズムをはじめとする、ブラジル大衆音楽の影響を受けた作品として知られる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スカラムーシュ【Scaramouche[フランス]】

起源的には16世紀末,イタリアナポリに出現したコメディア・デラルテの〈仮面〉の一つで,隊長型。その名のごとく〈小ぜり合いscaramuccia〉(イタリア語)を得意とし,逃げ回るばかりの臆病者である。頭から爪先まで黒ずくめの装束で,当初は羽飾つきの帽子ととんがり鼻の半仮面を着用する。この隊長型人物を下僕役に変え,発展させて17世紀フランス喜劇界に巨大な影響を与えたのが,スカラムーシュことティベリオ・フィオレリ(またはフィオリリ)Tiberio Fiorelli(1604ころ‐94)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

スカラムーシュ【Scaramouche】

イタリア即興喜劇中の道化役。大言壮語を好むが、事が起こると逃げ腰になっておかしみをかもす。一七世紀の名優フィオリッリにより完成された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スカラムーシュの関連キーワードナポリナポリ王国スパッカナポリナポリを見てから死ねナポリ王宮ナポリ大聖堂オールドナポリナポリ派スパゲティ・ナポリタンナポリ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スカラムーシュの関連情報