コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキロス島 スキロスとうNísos Skíros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スキロス島
スキロスとう
Nísos Skíros

古代ギリシア語続みではスキュロス Skyros。ギリシア,エーゲ海北西部,北スポラデス諸島南部の島。エビア島の北東沖約 40kmに位置する。南部は石灰岩大理石,北部は石灰岩,結晶片岩蛇紋岩から成り,北部東岸に中心集落スキロスがある。古代にはアキレウスの聖域とされた島で,テセウスにまつわる伝説も伝わる。美しい海岸があり,保養・行楽地となっている。チーズ,海綿を産し,大理石,鉄鉱石,クロム鉱を採掘する。面積 209km2。人口 2757 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スキロス‐とう〔‐タウ〕【スキロス島】

SkyrosΣκύρος》ギリシャ、エーゲ海西部の島。スポラデス諸島に属し、最も面積が大きい。北部は森に覆われ標高792メートルのオリンポス山があり、南部は荒涼とした岩がちの土地が広がる。島の中心地はスキロス。西岸の港町リナリアは本土や周辺の島々とフェリーで結ばれる。ベネチア共和国時代の城塞東ローマ帝国時代の修道院などが残っている。木彫家具、刺繍、陶器などの工芸品で知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

スキロス島の関連キーワードスポラデス[諸島]エウボイア島ギリシャ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android