スクーナー(読み)すくーなー(英語表記)schooner

翻訳|schooner

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スクーナー
すくーなー
schooner

帆船の型の一種。1713年、アメリカ、マサチューセッツ州グローセスターのアンドリュー・ロビンソンが初めて建造した。試運転のとき、観客の1人が「あの船はなんてスクーンscoon(水面すれすれに投げた石が滑り飛ぶこと)するんだ!」と叫んだことからこの名が生まれた。2本またはそれ以上のマストに、いずれも縦帆を張って、原型ではフォア・マストにだけトップスルという横帆を張ったが、のちには縦帆のみの型に変化した。前者をトップスル・スクーナー、後者を単にスクーナーとよび、3本マスト、4本マストなどがあり、アメリカのトマス・W・ローソン号(排水量7500トン、乗員27名)などは7本マストであった。横帆船よりは少人数で帆の操縦ができたし、風上へ切り上げやすかった。ニューファンドランド沖の漁船や、アメリカ沿岸貿易に多く使われた。帆船黄金時代の19世紀には快走競争にも参加して、アメリカを代表して成果をあげた。

[茂在寅男]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スクーナー
schooner

2本以上の帆柱を立て,そのすべてに縦帆を展張する帆船で,帆装形式によって船の呼称が細分化された 18世紀以後アメリカで発達した。縦帆船のため逆風時の帆走性能がよく,操縦も容易で,少い乗組みで運航できる特徴から,100t程度の2檣 (しょう) 形式が近距離輸送や漁業に主用された。しかしその経済性の高さが大型商船の分野でも評価され,アメリカの『ローソン』号のように,7本マストの 5000tの船も出現して,帆船時代の末期に活躍した。今日では大型ヨットとして愛用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スクーナー

帆装様式による帆船の分類の一つ。2本マストが原型で,それに縦帆を張る。2枚の帆の上部およびフォアマストと船首の間に三角帆を添えるのが典型的。フォアマスト上部に横帆をつけたものはトップスルスクーナーという。3本マスト,4本マストのスクーナーも広く使われた。18世紀に米国で生まれ,19世紀には全世界に広がった。日本でも幕末から昭和10年頃までよく使われた。
→関連項目クルーザー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android