スケジューリング理論(読み)スケジューリングりろん(英語表記)theory of scheduling

世界大百科事典 第2版の解説

スケジューリングりろん【スケジューリング理論 theory of scheduling】

たとえば工場において,何種類かの仕事を何台かの機械処理する場合を考える。それぞれの仕事がいくつかの作業から成り,それらの作業の実行順序あるいは仕事の間の先行関係が与えられている時,あるいはまた仕事の処理に要する人員,機械,資金などに関する何らかの制約が与えられている時に,それらの制約条件を満たしつつ総費用または総所要時間を最小にするにはどうすればよいか,といった問題に対する解答を与えるのがスケジューリング理論である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android