コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズラン(鈴蘭) スズランConvallaria keiskei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スズラン(鈴蘭)
スズラン
Convallaria keiskei

ユリ科の多年草。本州中部の高原草地や北海道の平地に群生する。キミカゲソウの別名がある。根茎は細長く地中を横にはう。葉は普通2枚相対してつき,先のとがった楕円形で基部は鞘状になり抱合って根茎の節につく。5月から7月にかけて,葉より短く長さ 20cmほどの花茎を出し芳香のある白色の小花を総状につける。花は広い鐘状で垂れ下がり,先は浅く6裂し外側へそり返る。秋,直径約 6mmの球形の液果が赤く熟する。ヨーロッパ産のドイツスズラン C. majalisは lily of the valleyの英名をもち,花が大きく芳香も強いので日本でも観賞用に栽培される。和名は花の形を鈴に見立てたもの。草全体を煎じたりチンキにして強心剤や利尿剤に用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スズラン【スズラン(鈴蘭) lily of the valley】

温帯域上部の明るい草地に自生し,また観賞用に栽培されるかれんなユリ科の多年草(イラスト)。和名は鐘形の花形を〈鈴〉にみたてたもの。キミカゲソウの別名もある。花茎は高さ16~25cmで,鞘(さや)状の鱗片葉の腋(わき)から1本出る。葉身をもつ葉は2枚あり,花茎の伸長とともに展開し,花後には花茎よりも高くぬき出る。花は5~6月に咲き白色,芳香がある。6枚の花被が合着して鐘状の筒をつくり,うつむいて咲く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のスズラン(鈴蘭)の言及

【カキラン(柿蘭)】より

…和名はかば色の花の色に由来する。スズランの別名もある。植物体は全体平滑。…

【有毒植物】より

…しかし用量安全域がせまく,副作用として食欲不振,悪心,嘔吐をさそい,多量に使用すれば心臓停止による死を招く。キンポウゲ科のフクジュソウ,クリスマスローズ,キョウチクトウ科のキョウチクトウ,ストロファンツス,ユリ科のオモト,カイソウ,スズランなどにも同様の成分が存在する。ストロファンツスはアフリカの原住民によって,矢毒として利用されていた。…

※「スズラン(鈴蘭)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android