コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草木図説 ソウモクズセツ

5件 の用語解説(草木図説の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そうもくずせつ〔サウモクヅセツ〕【草木図説】

江戸後期の植物図鑑。30巻。飯沼慾斎著。草部20巻は安政3~文久2年(1856~1862)刊。木部10巻は未刊。日本の植物をリンネの分類による24綱目に分けて図解したもの。のちに牧野富太郎らが増訂版を刊行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

草木図説【そうもくずせつ】

飯沼慾斎の著書。日本産植物約2000種を西欧植物学書を参考にして,リンネ式に分類し,写生・解説した植物図鑑。草部20巻は1856年―1862年(安政3年―文久2年)刊,木部10巻は未刊(1977年に北村四郎編注で出版された)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

そうもくずせつ【草木図説】

飯沼慾斎による植物図鑑。草類1250種,木類600種の植物学的に正確な解説と写生図から成る。草部20巻,木部10巻。草部は1852年(嘉永5)ごろ成稿,56年(安政3)から62年(文久2)にかけて出版された。本書は日本最初のC.vonリンネの24綱分類による植物図鑑である。本草を脱却した西欧の植物分類によるところに意義がある。江戸時代の西欧植物学受容の成果をここに見ることができる。参考にした蘭書は,ホッタインMartin Houttuynの博物誌を中心に,ドドネウスRembert Dodonaeus,オスカンプDieterich Leonhard Oscamp,キニホフJohann Hieronymus Kniphof,ワインマンJohann Wilhelm Weinmannの植物学書5種である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そうもくずせつ【草木図説】

本草書。飯沼慾斎著。草部二〇巻、1856~62年刊。未刊であった木部一〇巻は1977年(昭和52)に刊行された。リンネの分類法により千二百余種の草本を日本名とラテン名で分類配列した日本最初の近代的図説。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草木図説
そうもくずせつ

日本最初のリンネ分類による植物図鑑。飯沼慾斎(いいぬまよくさい)の執筆。草部20巻、木部10巻。草部は1856年(安政3)から62年(文久2)にかけて刊行された。明治に入り、田中芳男(よしお)・小野職(もとよし)増訂の第二版(1875)、牧野富太郎による増訂第三版(1907)が出版され、未刊の木部は北村四郎編注で1977年(昭和52)に刊行された。本書作成には、ホッタインMartin Houttuyn(1720―98)、ドドネウスRembert Dodoneus(1517―85)、オスカンプDieterich Leonhard Oscamp、キニホフJohann Hieronymus Kniphoff(1704―63)、ワインマンJohann Wilhelm Weinmannの植物学書が利用された。ヨーロッパ植物学の受容と紹介に伊藤圭介(けいすけ)、宇田川榕菴(ようあん)たちが努力してきたが、本書の出現でヨーロッパ植物分類学が日本に定着することができた。[矢部一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の草木図説の言及

【飯沼慾斎】より

…32年(天保3)大垣近郊の長松村の別荘平林荘に隠居し,博物学の研究に専念した。52年(嘉永5)ごろに日本で最初のC.vonリンネの分類法による植物図鑑《草木図説》草部20巻を完成し,56年(安政3)から62年(文久2)にかけて出版した。本書はオランダのホッタインMartin Houttuynの博物誌などを参考とし,本草を脱却した近代的な植物図鑑であり,江戸時代の西欧植物学導入の総決算といえるものであった。…

【本草学】より

…やっと18世紀になって,貝原益軒の《大和本草》(1709)や稲生若水の《庶物類纂》(未完),小野蘭山《本草綱目啓蒙》(1806)などによって日本風の本草学が集成されていった。江戸時代末にはC.P.ツンベリーやP.F.vonシーボルトなどを介して西洋本草学の影響が及び飯沼慾斎《草木図説》(1852),岩崎灌園《本草図譜》(1828)などが出版され,日本の植物についての高い知見が示されていった。【岩槻 邦男】。…

※「草木図説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

草木図説の関連キーワード飯沼慾斎図鑑自生植物荳草類水産植物小野職愨久世治作小島柳蛙三浦源助宮本元甫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone