ステュクス(英語表記)Styx

翻訳|Styx

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステュクス
Styx

ギリシア神話の冥府の川。ヘシオドスによれば,ステュクスは,オケアノステテュスの間に生れたオケアニデスの最年長で,女神として神格化され,ティタンのクリオスの息子パラスと結婚し,クラトスビアニケなどを生んだ。オリュンポスの神々とティタンたちとの戦いが始ると,ゼウスの呼びかけにまっさきに答え,子供たちを連れてオリュンポス神たちの側に味方したので,ゼウスはその報酬として,神々がステュクスの水にかけて立てた誓いは,決して破ることができないようにしたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のステュクスの言及

【アケロン】より

…ギリシア神話でステュクスStyxなどとともに冥界を取りまく川の一つ。語源は〈嘆きの川〉ほどの意。…

※「ステュクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android