コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステュクス ステュクス Styx

翻訳|Styx

3件 の用語解説(ステュクスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステュクス
ステュクス
Styx

ギリシア神話の冥府の川。ヘシオドスによれば,ステュクスは,オケアノステテュスの間に生れたオケアニデス最年長で,女神として神格化され,ティタンのクリオスの息子パラスと結婚し,クラトスビアニケなどを生んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ステュクス(Styx)

冥王星の第5衛星。名の由来はギリシャ神話の大河およびそれを神格化した女神。2012年にハッブル宇宙望遠鏡で発見された。直径は10~25キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ステュクス

ギリシア神話で冥府に流れる川。大洋神オケアノスの娘。日本の三途の川に相当し,渡し守カロンがいる。実際にアルカディアに同名の川があった。
→関連項目アキレウスハデス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のステュクスの言及

【アケロン】より

…ギリシア神話でステュクスStyxなどとともに冥界を取りまく川の一つ。語源は〈嘆きの川〉ほどの意。…

※「ステュクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ステュクスの関連キーワードアフロディテウラノスキマイラペルセフォネアモルホーライモイラ《ギリシア神話》ヘレナ(ギリシア神話)ラドン(ギリシア神話)

ステュクスの関連情報