三途の川(読み)さんずのかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三途の川
さんずのかわ

わたり川,みつせ川などともいう。ともに俗称である。『金光明経』によれば,地獄,餓鬼畜生三悪道三途の川とされるが,通俗には『十王経』 (偽経) に説かれているところの冥途に行く途中にあり,人が死んでから初七日に渡る川をいう。その河原を賽河原という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

三途の川【さんずのかわ】

三瀬(みつせ)川,葬頭河(そうずか)とも。冥土に行く途中にあり,人の死後,初七日の日に渡るとされる。地獄・餓鬼・畜生の三途の分かれる所とも,緩急三つの瀬があり生前の罪によって渡るのに三つの途(みち)があるともいう。川のほとりに奪衣婆(だつえば)と懸衣翁(けんえおう)がいて,亡者の衣をはぎ,それを木にかけて罪の軽重を計るという。中国成立の偽経《地蔵十王経》に説かれる。→賽の河原
→関連項目ステュクス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんずのかわ【三途の川】

冥途にあるという川。渡るところが三つあるため,このようにいう。三瀬(みつせ)川,葬頭河(そうずか),渡り川とも称する。亡者が冥途に行く途中で越えねばならないが,川には緩急の異なる三つの瀬があって,生前になした善悪の行為によって渡る場所が異なるという。川の上にあるのを山水瀬(浅水瀬ともいう)といい,水はひざ下までである。罪の浅いものがここを渡る。川の下にあるのは強深瀬(江深淵)といい,流れは矢を射るように速く,波は山のように高く,川上より巌石が流れ来て,罪人の五体をうち砕く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんずのかわ【三途の川】

〘仏〙 〔中国で作られた十王経による〕 冥土への途中にあり、死んで七日目に極善・極悪でない人が渡るという川。流れの速さの違う三つの瀬があり、生前の業ごうによって渡る場所が異なる。川のほとりには姥うばと翁の鬼がいて、亡者の衣を奪うという。三瀬川みつせがわ。三途川。そうずがわ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三途の川
さんずのかわ

死後7日目に冥土(めいど)の閻魔(えんま)庁へ行く途中で渡るとされる川。この川には三つの渡しがあり、生前の行いによって渡るところが異なることから、三途の川といわれる。三瀬(みつせ)川、わたり川、葬頭河(そうずか)ともいう。川岸には衣領樹(えりょうじゅ)という大木があり、脱衣婆(だつえば)がいて亡者の着衣をはぎ、それを懸衣翁(けんえおう)が大木にかける。生前の罪の軽重によって枝の垂れ方が違うので、それを見て、緩急三つの瀬に分けて亡者を渡らせるという。この説明は、中国宋(そう)代、または日本の平安時代につくられたといわれる『地蔵菩薩発心因縁十王経(じぞうぼさつほっしんいんねんじゅうおうきょう)』という偽経(ぎきょう)のなかで詳しく述べられるが、仏教本来の説ではない。日本では中世以降にこの俗信が広まり、今日でもなお棺の中に渡銭(わたしせん)を入れるなどの風習がみられる。[松本史朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さんず【三途】 の 川(かわ)

仏語。人が死んで冥土に行く途中に越えるという川。川に緩急の異なる三つの瀬があって、生前の罪業によって渡る場所が異なり、川のほとりには鬼形の姥がいて衣を奪い取るという。三瀬川(みつせがわ)。しょうずか。しょうずがわ。さんずがわ。三途の大河。
保元(1220頃か)下「死出の山、三途の河をば、誰か介錯申すべき」
[補注]「死出の山」に対する語。「十王経」などの仏書に記されているが、渡るのは死んでから初七日とするもの、二七日目(=一四日)とするものなどまちまちである。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三途の川の関連情報