コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステンカ・ラージン ステンカラージン

2件 の用語解説(ステンカ・ラージンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ステンカ・ラージン

ラージン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ステンカ・ラージン
すてんからーじん
Стенька Разин Тимофеевич Sten'ka Razin Timofeevich
(1630ころ―1671)

ステパン・ラージンСтепан Разин/Stepan Razinともいう。ロシア農民戦争の指導者。富裕なドン・コサックの出身。一時はドン・コサックの外交上の代表を務めたり、クリミア・タタールと戦ったこともある。ロシア政府の農奴制強化に反発し、上層コサックを離れて、下層コサック、逃亡農民を結集し、1667年から69年にかけて、彼らを率いてボルガ川カスピ海沿岸を略奪してドン川に帰った。さらに、70年に反乱軍を率いてボルガ川沿岸を制圧、シンビルスクを包囲したが、そこで政府軍に敗れた。彼は裏切りにより71年4月に逮捕され、同年6月6日モスクワで処刑された。彼の名は多くの伝承、民謡に残されている。[伊藤幸男]

音楽

英雄ステンカ・ラージンはロシア民謡として歌われ、その勇壮な旋律は広く世界に親しまれている。同名の作品としては、ロシア国民楽派のグラズーノフが作曲した交響詩(作品13、1885年ペテルブルグ初演)がある。これは序文に自作の詩を掲げ、それに基づいて音楽が書かれている。基本的にはリストの交響詩の手法により、ロシア民謡『ボルガの舟唄(ふなうた)』やペルシア民謡を取り入れつつ、特定の主題動機や楽器をもって登場人物や情景を象徴的に描写している。[三宅幸夫]
『アンドレイ・サハロフ著、米内哲雄訳『ステンカ・ラージン伝』(1980・たくみ書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ステンカ・ラージンの関連情報