コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステープラー ステープラー stapler

翻訳|stapler

5件 の用語解説(ステープラーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ステープラー(stapler)

U字状の針金を用いて書類をとじる器具。
[補説]ホッチキスは商標名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ステープラー

一般にはホッチキスの名で知られる簡易な紙とじ器。コの字状のとじ針を押して書類に通し,先端を内側に曲げてとめる。機関砲を開発した米国の発明家B.B.ホッチキスが,弾丸送り装置ヒントを得て発明したとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ステープラー【stapler】

一般にホッチキスといわれる紙綴じ器の総称。機関銃の発明者,アメリカのB.ホッチキスが,弾丸送り装置にヒントを得て考案したとされる。用途としては事務用のほか,食品類の包装,果樹園における果実の袋がけ,肥料の袋綴じなど,作業用にも広範囲に使用されている。JIS規格では使用する綴じ針によって分類されるが,携帯用の10号は新聞紙12枚以上,中型の3号は24枚以上綴じられることが条件。そのほか厚紙・多数ページ用の1号と奥行きの広いプライヤー式がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ステープラー【stapler】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ステープラー
すてーぷらー
stapler

コの字型の金属針を用いて自動的に紙などを綴(と)じる器具。機関銃の発明者ベンジャミン・ホッチキス(1825―85)の考案によるところから、一般にホッチキスとよばれている。わが国には1909年(明治42)に初めてアメリカから渡来し、大正初期から大量に輸入されるようになった。当時は「むかで式」とよばれていたが、国産では1918年(大正7)につくられたものが最初である。用途と針の大きさにより各種あるが、大きく分けて1号(厚紙用の大型タイプ)、3号(中型で針も細く、体裁よく綴じられる一般的なタイプ)、10号(現在もっとも普及している片手操作の小型携帯用)、そのほか電動式、ワイヤー式があり、JIS(ジス)規格が3号と10号に適用されている。最近では綴じ具としてだけでなく、包装用止め具としても利用されている。[野沢松男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ステープラーの関連キーワードホッチキスユニホック冊子平編みホチキスタッチキーフレンチキスホットサンドイッチリッチテキストゼロハリホッチキス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ステープラーの関連情報