コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スデティ山脈 スデティさんみゃくSudety

2件 の用語解説(スデティ山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スデティ山脈
スデティさんみゃく
Sudety

ドイツ語ではズデーテン Sudeten。チェコポーランドとの国境をなす山脈で,一部はチェコとドイツの国境に及ぶ。北西をラベ (エルベ) 河谷,南東をオドラ (オーデル) 河谷に限られる。全長約 300km。鉱物資源の埋蔵量は多いが,採掘はほとんど行われず,綿を中心とした織物工業が各地で行われる。ガラス工業,窯業も有名。中心都市はヤブロネツナドニソウおよびリベレッツ。観光業は特に西部のクルコノシェ山脈を中心に発展している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スデティ山脈
すでてぃさんみゃく
Sudety

チェコ北部とポーランドとの国境に連なる山脈。ドイツ語ズデーテン山脈Sudeten。ズデート山脈ともいう。南東部にはカルパティア山脈が連なり、オーデル川の上流が両者を分ける。また西側のエルツ山脈(クリシネ・ホリ山地)との間はエルベ(ラベ)川の上流が分けている。数個の高原状の山列からなり、山間盆地を抱く。長さ約300キロメートル。結晶質岩石よりなる地塊山地で、山頂部は円頂峰が続いて従順形を示す。標高は1000~1500メートル最高峰はスネジカ山Snka(1603メートル)。チェコ北部のスデティ(ズデーテン)地方は、第二次世界大戦前にドイツとの間で領土問題が生じた。[三井嘉都夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone