コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストケシア Stokesia laevis; stokesia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストケシア
Stokesia laevis; stokesia

キク科の多年草で,ルリギクともいう。北アメリカ西南部のカリフォルニアアリゾナ,フロリダ各州などの原産で,花壇などでの観賞用や切り花として栽培される。茎は上部でまばらに分枝し,無毛。葉は披針形で基部にはとげ状のあらい鋸歯を出す。夏に茎の上部の葉腋から花茎を出し,帯青紫色の頭状花を頂生する。頭花は径 3cmほどあり,外側の総包片は緑色で葉状をしている。頭花には多数の細い舌状花がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ストケシア(〈ラテン〉Stokesia)

キク科の多年草。高さ約50センチ。葉は線形。夏から秋、ヤグルマギクに似た青紫色や淡紅・白色などの大形の頭状花をつける。北アメリカの原産で、観賞用。るりぎく。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ストケシア

ルリギクとも。北米南東部原産のキク科の多年草。高さ30〜60cmになり,7〜10月,径10cmほどの頭花を開く。縁辺の舌状花は中心部のものよりも大きく,深く5裂。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ストケシア【stokes’ aster】

北アメリカ原産のキク科の多年草。和名ルリギク。一名宿根ヤグルマギクというが,ヤグルマソウ属ではない。日本へは大正初期に輸入され,花壇用宿根草,または切花として栽培されている。平滑な,先がとがる広披針形葉を根生し,7~8月ごろ,30~60cmの高さに花茎を直立させ,茎上に径10cmぐらいの頭状花を咲かせる。舌状花は切れ込みがあり,花型はニオイヤグルマに似る。花色は藤青色のものが一般的であるが,白色やばら色,あるいは黄色がかった紫色花のものもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ストケシア【Stokesia】

キク科の多年草。北アメリカ原産。観賞用に栽培。高さ約50センチメートル。葉は互生し、広披針形。7~10月、枝先に径約7センチメートルの頭花をつける。頭花は先が五裂した筒状花から成り、平開する。花色は青紫・淡紅・白など。瑠璃菊るりぎく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストケシア
すとけしあ
[学]Stokesia laevis Greene

キク科の耐寒性多年草。1属1種で、北アメリカ南東部に分布する。和名ルリギクともいう。茎は比較的直立性で高さ30~60センチメートル。根出葉は有柄であるが、茎葉は無柄で茎を抱くようにつく。頭状花は管状花からなり、径約10センチメートル、大輪の青紫色であるが、品種により桃色または白色がある。開花期は6~10月であるが、春先に温室へ搬入し、4~5月に開花させることもできる。耐寒性は強く、露地で越冬する。栽培は容易で、水はけのよい軽い土であれば十分生育する。繁殖は3月または10月に株分けするが、3~4月に太めの根をとり、浅い箱などに根伏せしてもよい。実生(みしょう)も可能であるが、改良品種の場合は形質が変化するので、実生は不可能である。[岡田正順]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ストケシアの関連キーワード

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android