コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストロフルス ストロフルス〈ラテン〉Strophulus

4件 の用語解説(ストロフルスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ストロフルス(〈ラテン〉Strophulus)

小児特有の皮膚疾患。四肢などに小さな紅斑や水疱(すいほう)ができ、かゆみが強い。原因は虫さされに対する過敏症とされる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ストロフルス【strophulus】

乳幼児にできる、強いかゆみを伴う発疹はつしん。時に小さい水疱すいほうを生じる。夏に多く、虫さされによるアレルギーと考えられている。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストロフルス
すとろふるす
strophulus

アトピー性皮膚炎とともにかゆみの強い代表的な小児皮膚病で、小児ストロフルスあるいは小児じんま疹(しん)様苔癬(たいせん)ともよばれる。性別に関係なく2~7歳の幼小児にみられ、夏に好発し、多くの場合冬には治癒している。原因として最近は節足動物(ノミをはじめ、ナンキンムシ、カ、イヌノミなど)に対する後天的過敏性が考えられている。たとえばノミに刺されると、刺傷部に紅斑(こうはん)、じんま疹様紅斑を生ずるばかりでなく、ノミアレルギーによってかゆみの強い同様の皮疹、しばしば多数の丘疹(きゅうしん)または小水疱(すいほう)を混在性に生ずる。手のひらや足底では小水疱はアズキ大となり、水疱膜が厚くて容易に破れないのが特徴である。治療としては、局所には副腎(ふくじん)皮質ホルモン剤含有クリームまたは軟膏(なんこう)を外用する。かゆみの程度によって抗ヒスタミン剤の内服、あるいはさらに副腎皮質ホルモン剤を併用内服することが有効である。原因となる節足動物を駆除することが必要であるが、環境の問題でもある。[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ストロフルスの関連情報