コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストロン ストロン stolon

翻訳|stolon

3件 の用語解説(ストロンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ストロン(stolon)

植物の直立した茎の地際から出た枝が地面に水平に伸び、途中の節から根を出して生長するもの。匍匐枝(ほふくし)。匍匐茎(ほふくけい)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ストロン【stolon】

匍匐枝(ほふくし)ともいう。高等植物の茎の基部から枝分れして細く長く伸び,先端に新しい個体をつくる芽をつけ,また途中で地について根を生じるもの。オランダイチゴ,ユキノシタなどの例が顕著である。ストロンといわれるものは,長く分出した枝のうちでとくに細いものであるが,構造としては茎で,その先端に無性芽をつけるものであるから,いわゆる匍匐茎との差がしだいに不鮮明になってくる。また,ストロンは地上を匍匐することが多いが,コヤブランのように地下にある例もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストロン
すとろん
stolon

植物の茎の一型。走出枝またはランナーrunnerともいう。地表面付近から出て水平に伸び、母体からある程度離れたところで根と芽を出すことによって栄養繁殖の役を果たす。オランダイチゴ、ユキノシタなどの場合は地上に生じて地面に沿って伸びるので匍匐(ほふく)茎の一種であるが、エゾスカシユリ、コヤブランなどの場合は地下に生じて横走するので根茎の一種といえる。[福田泰二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のストロンの言及

【匍匐茎】より

…また,オランダイチゴ,ユキノシタ,クサソテツなどでは親株から側枝が匍匐し,その先端に別の株ができ,栄養繁殖を行う。このような匍匐茎をストロンまたは横走枝という。【加藤 雅啓】。…

※「ストロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ストロンの関連キーワード菌根顕花植物下等植物高等植物内鞘匐枝匍匐匍匐茎匍匐前進砂丘植物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ストロンの関連情報