コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スナイソギンチャク スナイソギンチャクDofleinia armata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スナイソギンチャク
Dofleinia armata

刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目ウメボシイソギンチャク科。体高 9cm,直径 6cm,触手の長さ 15cm内外の大型のイソギンチャクで,体を砂に埋めて触手だけ出している。全体が灰色ないし淡褐色,ときに桃紫色がかったものもある。触手は太く,48本内外である。表面に多数の刺胞があり,そこが白点模様になっている。刺胞毒は強く,刺されると赤くはれて痛む。水深 10~60mの砂泥底に見られる。本州中部以南九州まで分布し,オーストラリアにも生息している。(→イソギンチャク類刺胞動物花虫類無脊椎動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スナイソギンチャク
すないそぎんちゃく / 砂磯巾着
[学]Dofleinia armata

刺胞(しほう)動物門花虫(はなむし)綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目ウメボシイソギンチャク科に属する海産動物。本州中南部の太平洋岸に分布し、オーストラリアにも産する。触手は非常に太くて約48本、半透明で表面に無数の不透明な点が散布するが、この点は刺胞の塊である。体壁は黄褐色で滑らかで、上端は直接触手に続く。触手の色は変異に富み、もっとも普通にみられるものは茶色と黄土色の横縞(よこじま)のある個体であるが、そのほかに暗い小豆(あずき)色、桃色、緑色、白色などの触手をもつものがある。口盤の色は触手に準じ、放射状の白線をもつ。口盤の直径7センチメートル、高さ10センチメートルぐらいまでで、触手の長さは13センチメートルぐらいまでになる。触手の刺胞の威力は強く、人が皮膚を刺されると赤く腫(は)れる。触手は、刺激を与えるとその基部から容易に自切するが、再生するのも早い。水深10~50メートルの砂地に産するが、まれに潮間帯付近にもみられる。触手の間にマルガザミという小形のカニが共生することがある。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スナイソギンチャクの関連情報