コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スナップ すなつぷ

4件 の用語解説(スナップの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スナップ

CADでオブジェクトを格子や他のオブジェクトの特定の部位に自動的に接続すること。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スナップ(snap)

衣服などの合わせ目に用いる凹凸2個一組の円形の小さな留め金具。ホック。
スナップショット」の略。
野球の投球や打撃、ゴルフの打球の際、手首の力を用いること。「スナップをきかせる」
アメリカンフットボールで、プレー開始のとき、攻撃側のセンターがボールをすばやく後方の選手に手渡し、またはパスすること。スナッピング。スナップバック。
手加工の鍛造などで、材料上面を椀(わん)形に変形させるときに用いる工具。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スナップ【snap】

衣服のあきをとめる、凸形と凹形で一組みの留め具。ホック。
スナップ-ショットの略。
スポーツなどで、動作の瞬間にはたらかせる手首の力。 「 -をきかせる」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スナップ
スナップ
snap

プレスボタンホックともいい,金属製の凹凸2種の組合せで留める仕組みになったボタン。下着や簡易服,小児服などに多く用いる。真鍮製,鉄製などで表面にニッケルメッキを施したものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スナップの関連キーワード天つ少女冠帽玉食ふるき目に付く元のえ寒ら滑す擦れ粗食

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スナップの関連情報