コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピッツ[種] スピッツ

百科事典マイペディアの解説

スピッツ[種]【スピッツ】

イヌの品種。本来は寒帯地方原産で,そりを引いたり,家畜の見張り,狩猟などに用いられるものをさし,ハスキー,サモエード,ウルフスピッツなどが含まれる。いずれも立耳巻尾で吻(ふん)がとがり,被毛は厚いのが特徴。日本では普通この中のドイツで改良された白色のミッテルスピッツや日本スピッツをさす。肩高29〜36cm,番犬,愛玩犬とされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スピッツ[種]【spitz】

スピッツとはドイツ語に由来し,口吻がとがり,立耳の先端がとがった北方系犬種の総称で,日本では家庭犬の日本スピッツのことをいう。日本土着のイヌではなく,大正の末ごろ輸入された洋犬種の子孫と信じられているが起源は不明である。サモエードを小型化したような全身純白で目と鼻端のみが黒く,ひじょうに美しい犬である。第2次大戦後急速に増え,一時雑種化が進んだが,1955年ごろから計画繁殖が進められ,現在の優美な犬種が生まれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android