スピロノラクトン(英語表記)spironolactone

栄養・生化学辞典の解説

スピロノラクトン

 C24H32O4S (mw416.58).

 抗アルドステロン剤.遠位尿細管のアルドステロンレセプターと競合的に結合してアルドステロンの作用を阻害する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スピロノラクトン
すぴろのらくとん
spironolactone

利尿剤。副腎(ふくじん)皮質ホルモンのうちの鉱質コルチコイドであるアルドステロンの拮抗(きっこう)物質である。腎の遠位尿細管においてアルドステロンと拮抗し、ナトリウムの排泄(はいせつ)を促進し、カリウムの排泄を阻害して、利尿効果を発揮する。降圧作用も有する。チアジド系降圧利尿薬に比べカリウムの喪失が少ない。心性浮腫(ふしゅ)、腎性浮腫、肝性浮腫などの浮腫や高血圧症の治療に用いられる。微粉末とすることにより効果の増大をみる。1日50~100ミリグラムを経口投与する。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android