スピロノラクトン(英語表記)spironolactone

栄養・生化学辞典の解説

 C24H32O4S (mw416.58).

 抗アルドステロン剤.遠位尿細管のアルドステロンレセプターと競合的に結合してアルドステロンの作用を阻害する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

利尿剤。副腎(ふくじん)皮質ホルモンのうちの鉱質コルチコイドであるアルドステロンの拮抗(きっこう)物質である。腎の遠位尿細管においてアルドステロンと拮抗し、ナトリウムの排泄(はいせつ)を促進し、カリウムの排泄を阻害して、利尿効果を発揮する。降圧作用も有する。チアジド系降圧利尿薬に比べカリウムの喪失が少ない。心性浮腫(ふしゅ)、腎性浮腫、肝性浮腫などの浮腫や高血圧症の治療に用いられる。微粉末とすることにより効果の増大をみる。1日50~100ミリグラムを経口投与する。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

7α-acetylthio-17α-hydroxy-3-oxopregn-4-ene-21-carboxylic acid γ-lactone.C24H32O4S(416.58).17α-エチニル-5-アンドロステロン-3β,17β-ジオールを原料として,17位を不飽和ラクトンとし,還元後チオ酢酸と加熱して合成する.微黄色~淡黄褐色の粉末.わずかに特異な臭気があり,味はわずかに苦い.融点134~135 ℃(再固化し201~202 ℃ で分解).ほとんどの有機溶媒に可溶,水に不溶.-33.5°(クロロホルム).λmax 238 nm(ε 20200).アルドステロンきっ抗利尿薬として用いられる.LD50 > 1000 mg/kg(ラット,経口).[CAS 52-01-7]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android