コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スプライシング splicing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スプライシング
splicing

DNAから写しとった遺伝情報のなかから,不要な部分を取り除く分子的な編集作業をスプライシングという。真核生物では,鎖状になっている DNAの各遺伝子はコドン (暗号) としての意味をもたないイントロン (遺伝暗号の中断部分) によって中断されている。メッセンジャー RNAは,イントロンを含んだままで DNAから転写されるため,スプライシングによって不要個所のイントロンを除去する必要がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

スプライシング

DNAの遺伝情報がmRNAに転写される際に余分なものを切り離して再度つなぎ合わされること。真核生物のDNA上の遺伝情報はアミノ酸配列を指定する暗号部分(エキソンもしくはエクソン)の間に何カ所か意味のない配列(イントロン)が介在していることが多い。DNAの情報はまずイントロンを含んだままmRNA前駆体に転写された後、イントロンを酵素的に切り離してエキソンのみをつなぎ合わせたmRNAができるが、この過程をスプライシングと呼ぶ。この機構によって抗体グロブリン分子の多様性が初めて分子生物学的に説明された。

(垂水雄二 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

栄養・生化学辞典の解説

スプライシング

 (1) RNAのスプライシング:DNAが複製されてできた第一の産物である核のRNAがmRNAになる過程で,イントロン部分が切断除去されることをいう.(2) DNAのスプライシング:2種のDNAを切断結合して,組換えDNAを作ること.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

スプライシング【splicing】

遺伝情報を持たないイントロンが RNA 分子から除去され、エクソンが連結する反応。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のスプライシングの言及

【遺伝情報】より

…したがって核内で転写された直後のRNA分子(heterogeneous nuclear)にも,アミノ酸配列を指定する情報の間に余分な塩基配列が割り込んでおり,そのままの形では目的とするタンパク質の情報にはなっていない。この余分な配列がRNA上で切り取られ,一つのタンパク質の情報が,ひとつづきの塩基配列として完成する過程をスプライシングsplicingと呼ぶ。さらに,真核生物の多くのmRNAの5′末端には7‐メチルグアノシンからなるキャップ構造が存在し,3′末端側にはpoly A構造が付加されている(詳しくは〈RNA〉の項目のメッセンジャーRNAの部分を参照)。…

【核酸分解酵素】より

…たとえば,遺伝情報の翻訳に重要な役割を果たす転移RNA(tRNA)はDNAから転写されたままでは一般に機能できず,この前駆体tRNAがいくつかのリボヌクレアーゼに切断されてはじめて機能を持つようになる。また,高等生物の伝令RNA(mRNA)も,転写されたままのものではタンパク質構造を決定するのに不必要な塩基配列部分(イントロンと呼ばれる)が含まれている場合が多く,リボヌクレアーゼによりこの不要部分が切り取られ,さらに必要部分がつながれること(切ってつなぐこと両方を含めてスプライシングと呼ぶ)が必要である。これらの例は,リボヌクレアーゼが遺伝情報の発現の調節に関与していることを示している。…

※「スプライシング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スプライシングの関連キーワードチェック(Thomas Robert Cech)シャープ(Phillip A. Sharp)アルトマン(Sidney Altman)セルフ・スプライシングメッセンジャーRNARNAポリメラーゼリボヌクレアーゼRNAワールドリボ核酸シャープロバーツ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スプライシングの関連情報