コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スプリント スプリント sprint

翻訳|sprint

5件 の用語解説(スプリントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スプリント
スプリント
sprint

自転車競技のトラックレースの一つ。マッチスプリント,あるいはスクラッチレースとも呼ばれる短距離レースで,瞬発力や高度な技術を競うだけではなく,頭脳的な作戦力も要求される。2~4人で走り,333m未満のトラックでは3周,それ以上のトラックでは2周する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スプリント

米国3位の携帯通信会社で、1938年設立。同業のネクステル、クリアワイヤなどを買収して業容を拡大してきた。累計契約数はソフトバンクの1・6倍にあたる5600万件(2012年6月末時点)。

(2013-10-30 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スプリント(sprint)

短距離を全力で力走あるいは力泳すること。
陸上・水上競技やスピードスケートなどで、短距離競走。
自転車競技の一種。二人の選手がトラックを2周または3周して着順を競うもの。最後の200メートルに至るまでの作戦とその後のスピードで勝敗が決まる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スプリント【sprint】

陸上・水泳・スケートなどの短距離レース。また、短い距離の疾走ないし力泳。
自転車競技のトラック競技種目の一。トラックを二周または三周して着順を競うもの。距離はおよそ1000メートル で、最後の200メートル で一気にスパートする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スプリント
すぷりんと
sprint

スキーのクロスカントリー競技の一種。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスプリントの言及

【自転車競技】より

…この年日本自転車競技連盟はプロとの区分を明確にするため,日本アマチュア自転車競技連盟と改称した。プロの日本代表が世界選手権大会に初参加したのは57年のベルギー大会であったが,77年に至って中野浩一がスプリント種目で日本初の金メダルを獲得,86年の優勝で10連勝を遂げた。80年からは日本ではじまった競輪競走が〈ケイリン〉の種目名で世界選手権種目に採用されている。…

※「スプリント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スプリントの関連キーワード花輪線海処横断参謀総長水程デッキ六・戮・陸六・陸陸・碌錄・六・禄・肋・録・陸・鹿・麓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スプリントの関連情報