スポンティーニ(英語表記)Spontini, Gaspare Luigi Pacifico

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スポンティーニ
Spontini, Gaspare Luigi Pacifico

[生]1774.11.14. マヨラーティ
[没]1851.1.24. マヨラーティ
イタリアのナポリ楽派オペラ作曲家。ナポリの音楽院で作曲と声楽を学んだのち,1796年ローマで最初の自作オペラを上演。 1803年パリに赴き,オペラ『ベスタの巫女』 La vestale (1807) を発表して好評を得た。次いで『フェルナンド・コルテス』 (1809) で大好評を博し,ヨーロッパでオペラ作曲の第一人者とされた。 1810年パリにあるイタリア劇場の指揮者。のちプロシアのフリードリヒ・ウィルヘルム3世の宮廷楽長 (1819~41) となり,その保護のもとで作曲に従事。 C.グルックモーツァルトの影響を受け,フランス・オペラの始祖とも,またワーグナーの初期の作品に影響を与えたともいわれるが,ドイツ・オペラの隆盛とともに名声を失った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スポンティーニ【Gaspare Spontini】

1774‐1851
イタリアのオペラ作曲家,指揮者。ナポリのピエタ音楽院に学ぶ。1803年フランスに渡り,ナポレオン皇妃付き作曲家となる。20‐41年,プロイセン王の招きベルリンに滞在,宮廷礼拝堂音楽総監督を務める。パリを経て50年故郷に戻った。作曲家としては,19世紀最初の20年間の活動が最も重要であり,この間,彼はグルックの劇的な作曲法の理念に立ちつつ,第一帝政時代の趣味にふさわしい荘重華麗なオペラを作曲,この時代のフランス・オペラの中心的な存在となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スポンティーニ
すぽんてぃーに
Gaspare Spontini
(1774―1851)

イタリアのオペラ作曲家。マヨラーティ生まれ。1803年パリに移り、古典派のオペラにかわる新しいオペラを模索、歴史上のできごとを題材にした壮大な物語、スペクタクル的見せ場をもつグランド・オペラの基礎を築いた。1820年プロイセンの宮廷作曲家に招かれ1841年までベルリンに滞在した。マイヤベーア、ワーグナーにも影響を与えた『ベスタの巫女(みこ)』(1807初演)、『フェルナンド・コルテス、またはメキシコ征服』(1809初演)など27曲のオペラを作曲した。[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android