コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポンティーニ スポンティーニSpontini, Gaspare Luigi Pacifico

3件 の用語解説(スポンティーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スポンティーニ
スポンティーニ
Spontini, Gaspare Luigi Pacifico

[生]1774.11.14. マヨラーティ
[没]1851.1.24. マヨラーティ
イタリアナポリ楽派オペラ作曲家。ナポリの音楽院で作曲と声楽を学んだのち,1796年ローマで最初の自作オペラを上演。 1803年パリに赴き,オペラ『ベスタの巫女』 La vestale (1807) を発表して好評を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スポンティーニ【Gaspare Spontini】

1774‐1851
イタリアのオペラ作曲家,指揮者。ナポリのピエタ音楽院に学ぶ。1803年フランスに渡り,ナポレオン皇妃付き作曲家となる。20‐41年,プロイセン王の招きでベルリンに滞在,宮廷礼拝堂音楽総監督を務める。パリを経て50年故郷に戻った。作曲家としては,19世紀最初の20年間の活動が最も重要であり,この間,彼はグルックの劇的な作曲法の理念に立ちつつ,第一帝政時代の趣味にふさわしい荘重華麗なオペラを作曲,この時代のフランス・オペラの中心的な存在となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スポンティーニ
すぽんてぃーに
Gaspare Spontini
(1774―1851)

イタリアのオペラ作曲家。マヨラーティ生まれ。1803年パリに移り、古典派のオペラにかわる新しいオペラを模索、歴史上のできごとを題材にした壮大な物語、スペクタクル見せ場をもつグランド・オペラの基礎を築いた。1820年プロイセンの宮廷作曲家に招かれ1841年までベルリンに滞在した。マイヤベーアワーグナーにも影響を与えた『ベスタの巫女(みこ)』(1807初演)、『フェルナンド・コルテス、またはメキシコ征服』(1809初演)など27曲のオペラを作曲した。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スポンティーニの関連キーワードルイルイ福永十三郎嶺春泰ルイ[16世]落語バヌアツオオカミの再導入酒田大火ノーフォーク島の歴史

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スポンティーニの関連情報