コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スリカータ スリカータ Suricata suricatta; mier-cat

4件 の用語解説(スリカータの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スリカータ
スリカータ
Suricata suricatta; mier-cat

食肉目ジャコウネコ科。ミーアキャットともいう。体長 25~35cm,尾長 19~24cm,体重 0.6~0.8kg。マングースの仲間で,体つきは細長く足が短い。頭は扁平で黒い小さな耳が低い位置についている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スリカータ(〈ラテン〉Suricata)

スリカタ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スリカータ【suricate】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スリカータ
すりかーた
suricatemeerkat
[学]Suricata suricatta

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ジャコウネコ科の動物。スリカータの名は学名に由来し、ほかにミアカット、あるいはミーアキャットという和名もある。1属1種で、アフリカ南部に分布する。頭胴長25~35センチメートル、尾長19~24センチメートル。体や尾が細長く、頭は正面から見ると丸く、目は中等大で黒い縁どりがあり、両目の間が狭い。前後足とも4指、足の裏は裸出し、前足のつめは細長く、後ろ足のそれの約2倍ある。体毛は滑らかで長く、とくに体側部の毛は長く、下毛も密である。背面は灰褐色から灰白色で、腹面は暗色。砂地や岩場に2、3家族がいっしょになった20頭ほどの群れで生活する。1家族は、雄雌とその子からなり、多数の入口をもつ巣穴をつくり、入口付近に集まって、後ろ足で立ち上がり敵を警戒する。繁殖期は9~10月、出産期は11~12月、1産2~5子である。雑食性で、昆虫、クモ、鳥、植物の球根などを食べる。飼いやすく、南アフリカ共和国ではイエネズミの駆除用にしばしば飼われる。[吉行瑞子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スリカータの関連キーワード掏り替え掏り替える摺り形木スリッポン揺蚊有り形スリーマスリカタ摺り狩衣掏り替る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone