コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スループ スループsloop

翻訳|sloop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スループ
sloop

(1) 1本マストの縦帆船。 (2) 17世紀から 19世紀にかけて使用された小型の軍艦で,帆装には3檣 (しょう) のシップと2檣のブリッグとがあった。 (3) 蒸気船時代になってからの軽快な哨戒用の補助艦船の名称。このように,時代によって船の実態は大きく変っているが,同一名称で呼ばれている点に特色がある。日本でも嘉永2 (1849) 年,江戸幕府が浦賀奉行所に命じて新造した2本マストの和洋折衷式の帆船を同じ名で呼んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スループ(sloop/〈オランダ〉sloep)

1本マストの前後に三角形縦帆をもつ小型帆船。17~19世紀に軍艦として使われた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

スループ

帆装様式で分類した帆船の形式の一つ。1本マストに縦帆を張るもっとも基本的なヨットの帆装で,メーンセールとジブセールの2枚の帆をもつのが普通。艇形は一般に細形で,舵のききがよく軽快。
→関連項目ヨット

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

スループ【sloop】

一本マストに主帆と三角帆を一枚ずつ張った型のヨット。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のスループの言及

【帆船】より

…現在のヨットに広く使用されている形の一つで,ふつうはバミューダメーンスルと,マストの前にステースル(インナージブ),その前にジブと合計2枚の船首三角帆(ヘッドスル)をもつ。(11)スループsloop 帆装様式の名称としてのスループは1本マストの縦帆船で,メーンスル1枚,ジブ1枚のものをいう。もっとも単純明快なヨットの帆装で,ごく小型のものから十数mに達するものまで広く使われている。…

※「スループ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スループの関連キーワードホンダ スーパーカブC100ディスコネクト/リコネクトプラズマイオンプロセスカリフォルニア工科大学ターンアラウンド時間ヒステリシスモータカッター(小舟艇)有効スループットハードウエア管理WAY(ウェイ)実効スループットワイヤスピードリソースBODデジタル専用線ビットレートトラフィックビッグパイプスループットガラテア号ゴロウニン

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スループの関連情報