コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スワデーシー

3件 の用語解説(スワデーシーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スワデーシー

スワラージ・スワデーシー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スワデーシー【Swadeshī】

本来インド諸語で〈自己の所属する地の〉〈自国の〉を意味する形容詞であるが,転じて土着の商品の生産と愛用奨励の意で用いられる。古くは1860,70年代の西部インド,マハーラーシュトラ地方で,土着産業の推進を目指す運動がスワデーシーの名の下で展開されたが,一般にインド史では,1905年イギリス植民地当局によるベンガル分割への反対を契機として08年まで行われた広範な民族運動の一形態を指すのが普通である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スワデーシー
すわでーしー
Swadesh

本来インド諸語で「自国の」を表す形容詞。転じて土着商品の愛用奨励を意味する。古くは1860、70年代にマハラシュトラの土着産業発展を目ざすスワデーシー運動があるが、一般にインド史では、1905年のベンガル分割に抵抗して展開された広範な反英民族運動の一形態をこの名でよぶ。インド人資本による産業の発展と外国品排斥を含む国産品奨励をおもな内容とするが、ベンガルでは広く社会、文化運動にも波及した。その大衆的戦術により全インドの知識人、中間階層のみならず一般大衆をも反英独立運動に糾合していった。また、インド民族資本の発展にも一定の寄与をした。1920年代初めにはM・ガンディーもこの名の運動を展開する。[内藤雅雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスワデーシーの言及

【民族資本】より

… 他方,インドでも,イギリスの軍事戦略の後押しもあって,比較的大きな民族資本が発展したが,ここでは中国のように民族独立闘争と敵対することなく,民族資本がまとまって,国民会議派を結成し,インドの政治的独立に大きく貢献した。スワデーシー(国産愛用・英貨排斥)運動を通じて,綿紡織,鉄鋼等の分野を握るターター財閥ビルラー財閥などは,独立運動の主体的な担い手となったのである。このように,民族資本が反帝・反封建闘争に一体化できるかどうかは,それらを取り巻く外的環境によって左右されるのであり,一概に民族資本を独立運動の主体的担い手と理解することはできない。…

※「スワデーシー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone