コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スンダ海峡 スンダかいきょう Selat Sunda

5件 の用語解説(スンダ海峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スンダ海峡
スンダかいきょう
Selat Sunda

インドネシアのスマトラ島ジャワ島の間にある海峡。幅 25~100km,長さ 150km。北のジャワ海と南のインド洋とを結ぶ。水深は 60~80mで,クラカタウ島をはじめ多くの火山島がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スンダ‐かいきょう〔‐カイケフ〕【スンダ海峡】

Sunda Strait》インドネシアのジャワ島スマトラ島の間にある海峡。幅約25~100キロメートル。インド洋とジャワ海を結ぶ。火山島として知られるクラカタウ島をはじめ、多くの島が点在する。かつて東インド会社の重要な航路だったが、水深が浅いため、現在は大型船の航行はない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スンダ海峡【スンダかいきょう】

インドネシア西部,ジャワとスマトラとの間の海峡。ジャワ海とインド洋とを結ぶ。幅28〜110km。クラカタウ島をはじめ大小の火山島が散在。水深は深い。諸所に灯台が設けられて航行は安全である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スンダかいきょう【スンダ海峡 Selat Sunda】

インドネシア,ジャワ島西岸とスマトラ島南岸との間の海峡。ジャワ海とインド洋を結ぶ重要な水路。幅は北部で28kmと狭いが,南部のインド洋に面する所は110kmと広い。水深は一般に深い。スエズ運河開通前はインド洋方面から東南アジアへ入る重要な関門であった。海峡内にはクラカタウ火山島など大小の島々が散在する。北部をジャワとスマトラを結ぶ連絡船が航行する。【別技 篤彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スンダ海峡
すんだかいきょう
Selat Sunda

インドネシア西部、スマトラ島とジャワ島の間にある海峡。幅約25~100キロメートル、長さ約150キロメートル、水深60~80メートル。インド洋とジャワ海を結ぶ重要な水路で、海峡内には大小の島々が散在する。とくに火山島のクラカタウ島(標高813メートル)が、海峡の中心部にあり、噴火活動を行っている。船舶の航行の安全を確保するために灯台が完備している。海峡には、スマトラ島側にテルクベトゥン、コタアグンなどの港湾都市がある。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スンダ海峡の関連キーワードインドネシア語派ジャワ海ジャガタラスマトラ沖地震スマトラタイガーインドネシア海溝テルクベトゥンパガンダランスマトラ沖大地震・津波ジャワ種 (Java)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone