コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スール朝 スールちょうSūr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スール朝
スールちょう
Sūr

アフガン系のインド・ムスリム王朝 (1539~55) 。ムガル帝国初期,北インド地方に割拠していたアフガン系のスール族がシェール・シャーのもとに勢力を伸ばし,1540年ムガル帝国第2代皇帝フマーユーンを破って建設した。スール朝はシェール・シャーの死後急速に衰退し,55年フマーユーンにデリーを奪回され,滅亡した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スール朝
すーるちょう

北インドのデリーを中心に、アフガン系のスールSr人によってつくられた王朝(1540~55)。アフガン系の諸勢力は何派にも分かれて、徐々に北インド、ガンジス平原地方に進出してきた。その一派ロディー人はデリー・サルタナットのサイイド朝を滅ぼし、ロディー朝をつくった。このロディー朝は1526年ムガル帝国の創始者バーブルに滅ぼされた。その後、スール人の勢力が強大となり、シェール・シャーの指揮下にムガル帝国第2代皇帝フマーユーンを追ってデリーを占拠、スール朝をつくった。しかし、シェール・シャーの死後弱体化し、ペルシアから帰ったフマーユーンに滅ぼされた。[小谷汪之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスール朝の言及

【アクバル】より

…ムガル帝国第3代皇帝。在位1556‐1605年。父皇帝フマーユーンが玉座を追われ,インド西部を逃亡中に生まれた。フマーユーンが再び玉座にもどってまもなく死んだため,弱冠13歳で皇帝の座についた。この時点ではフマーユーンをインドから追ったスールSūr朝の残存勢力がまだ根強く,その中心となる部将にヒンドゥー教徒のヘームーHemūがおり,彼はフマーユーン死後の混乱に乗じて,一時デリー,アーグラを占領した。…

【シェール・シャー】より

…北インドのスール朝(1538‐55)の創始者。在位1538‐45年。…

※「スール朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スール朝の関連キーワードデリー・サルタナットシェール・シャーアフガニスタンサリームガル城ロータス城塞バティンダササラームラスール朝アクバルパトナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android