コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セミホウボウ Dactyloptena orientalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セミホウボウ
Dactyloptena orientalis

カサゴ目セミホウボウ科の海水魚全長 40cm。体は赤色,やや角張っており,腹面は扁平。後頭部に 1本の長大な遊離棘がある。胸鰭はすこぶる大きく,セミの羽のように見える。南日本インド太平洋に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セミホウボウ
せみほうぼう / 蝉魴
flying gurnardshelmet gurnards

硬骨魚綱スズキ目セミホウボウ科に属する海水魚の総称、およびそのなかの1種。頭は厚い骨板で、体は強い隆起線がある骨質の大きな鱗(うろこ)で包まれる。後頭部と第1背びれの前方に、それぞれ1本の棘(とげ)状の突起があり、胸びれが長くて著しく広がるのが特徴。日本には4種がいて、いずれも大陸棚の砂泥底にすむ。海底にすむ甲殻類を主食にする。驚いたとき後頭部の棘をまっすぐに立てて大きな胸びれを広げ、内面にある輝いた色斑(しきはん)によって相手をひるます。このひれで滑空するが、空中を飛行することはない。
 和名セミホウボウDactyloptena orientalisは、後頭部の長い遊離棘(きょく)と第1背びれとの間に短い棘があり、臀(しり)びれに黒斑があり、吻(ふん)が長くて丸いという特徴で他種と区別する。体長38センチメートルになる。南日本、東シナ海、西部太平洋、ハワイ諸島、インド洋に分布する。ホシセミホウボウDaicocus peterseniは後頭部の棘と第1背びれとの間に遊離棘がないことで、オキセミホウボウDactyloptena gilbertiは吻が短く、臀びれに黒斑がないことで、それぞれセミホウボウと区別できる。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セミホウボウの関連キーワードセミホウボウ(蟬魴鮄)星蝉魴鮄蝉魴鮄

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android