コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セミヤドリガ(蟬寄生蛾) セミヤドリガ Epipomponia nawai

1件 の用語解説(セミヤドリガ(蟬寄生蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セミヤドリガ【セミヤドリガ(蟬寄生蛾) Epipomponia nawai】

鱗翅目セミヤドリガ科の昆虫。翅の開張2.5cm内外。体翅とも薄黒く,前翅には青色光沢のある帯状の斑紋が無数にある。触角は短く,羽毛状。幼虫はヒグラシミンミンゼミアブラゼミツクツクホウシの腹部に外寄生し,体液を吸う。セミの成虫の寿命が短いので,このガも急速に成長し,セミの死ぬ直前に老熟した幼虫は,セミの体から離れ,樹幹や葉上で白い繭をつくり,約2週間で羽化する。老熟幼虫も繭も白蠟で覆われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セミヤドリガ(蟬寄生蛾)の関連キーワード枯葉蛾寄生蠅蝙蝠蛾天狗蝶毒蛾虎蛾蜂蜜蛾蝉寄生蛾綴蛾灯蛾

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone