コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツクツクボウシ ツクツクボウシ Meimuna opalifera

3件 の用語解説(ツクツクボウシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツクツクボウシ
ツクツクボウシ
Meimuna opalifera

半翅目同翅亜目セミ科。中型のセミで,体長 (翅端まで) 45mm内外。頭部,前胸背,中胸背は淡緑色で黒色斑が多い。腹部は暗褐色で半透明,雄では長く,雌では短い。雄の腹弁は細長く三角形で,黄褐色で周縁が黒くなることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ツクツクボウシ

半翅(はんし)目セミ科の昆虫の1種。体長(翅端まで)45mm内外,暗黄緑色,黒斑がある。北海道南端部〜九州,中国,台湾に分布するが,中部・東北地方日本海側では局地的に分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツクツクボウシ
つくつくぼうし
[学]Meimuna opalifera

昆虫綱半翅目(はんしもく)同翅亜目セミ科に属する昆虫。体長30ミリメートル内外の中形のセミで、体は細長い。胸背には、黒色の地に緑褐色の斑紋(はんもん)がある。頭楯(とうじゅん)は大きく前方に膨出する。雄の腹弁は三角形で、雌の産卵管は腹端を超えて伸長する。はねは透明。7~9月に出現するが、8月後半に多い。独特な、オーシツクツク、……というリズミカルな声で鳴く。北海道から九州にかけて分布し、各地に普通にいる。日本には近縁種が4種知られ、いずれもそれぞれの種独特の声で鳴く。オオシマゼミM. oshimensisとクロイワツクツクM. kuroiwaeは沖縄本島以北の島々に分布し、ツクツクボウシより一回り大きい。イワサキゼミM. iwasakiiは石垣島、西表島(いりおもてじま)、台湾などに分布し、オガサワラゼミM. boninensisは小笠原諸島(おがさわらしょとう)特産。どの種も、おもに9~11月に多く出現する。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツクツクボウシの関連キーワードジュウシチネンゼミ同翅類イシガキニイニイオガサワラゼミクサゼミ(草蟬)ツクツクホウシツノゼミ(角蟬)テイオウゼミ(帝王蟬)ハルゼミ(春蟬)ヒグラシ(蜩)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツクツクボウシの関連情報