コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センザンコウ センザンコウ Pholidota; pangolin

3件 の用語解説(センザンコウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センザンコウ
センザンコウ
Pholidota; pangolin

哺乳綱有鱗目に属する動物の総称。1科1属7種から成り,全長約 1m,うち尾長 40cm内外。体は鱗でおおわれ,爬虫類を思わせる。歯をもたず,長い舌を使ってアリ,シロアリをなめ取る。夜行性で,土中や岩の間の穴に巣をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

センザンコウ

有鱗(ゆうりん)目センザンコウ科の哺乳(ほにゅう)類。インドセンザンコウミミセンザンコウオオセンザンコウなど7種がしられ,アフリカ南アジアに分布し,森林から開けたサバンナにまですむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

センザンコウ
せんざんこう / 穿山甲
pangolin

哺乳(ほにゅう)綱有鱗(ゆうりん)目センザンコウ科に属する動物の総称。この科Manidaeには2属7種があり、サハラ砂漠以南のアフリカ、インド、スリランカ、中国南部、台湾、海南島、マレー半島、スマトラ島、ジャワ島、バリ島、ボルネオ島、パラワン島など南アジアの地区に知られている。頭部、背、体側部、四肢の外側は松かさ状の堅い鱗(うろこ)で覆われ、頭部の下、体の上面、四肢の内側は厚い皮膚でまばらな毛が生える。頭胴長30~88センチメートル、尾長35~88センチメートル、体重4.5~27キログラム。前肢に比べて後肢が長く、四肢ともに5指を有し、前肢のつめは大きく、木に登ったり穴を掘るのに役だつ。アジア産のものには小さな外耳がみられるが、アフリカ産のものは外耳を欠く。舌は長く、30センチメートルも口から出す。筋肉質の胃は単一で、胸部に1対の乳頭があり、1産1子まれに2子がみられる。
 単独あるいはつがいで、森林、やぶ、開けたサバンナに生活する。日中は樹洞や巣穴で過ごして夜間活動し、シロアリやアリを長い舌でなめ取り餌(えさ)とするが、体の柔らかい昆虫や幼虫なども食べる。センザンコウは穴を掘ることが巧みであるばかりでなく、木にもよく登る。地下に掘った巣穴は3メートルにも及び、アフリカ産のオナガセンザンコウのようにおもに樹上で生活するものもある。敵に襲われたセンザンコウは、体を丸めてボールのようになり、堅い鱗で身を守る。
 センザンコウ属の3種、インドセンザンコウManis crassicaudata、マレーセンザンコウM. javanica、ミミセンザンコウM. pentadactylaが南アジアに、アフリカセンザンコウ属の4種、オオセンザンコウPhataginus gigantea、サバンナセンザンコウP. temmincki、オナガセンザンコウP. tetradactyla、キノボリセンザンコウP. tricuspisがアフリカに分布している。
 なお、台湾に分布するミミセンザンコウの亜種M. p. pendactylaをセンザンコウとよぶ場合もある。[齋藤 勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

センザンコウの関連キーワードイノシシウシ恒温動物水生動物脊椎動物有鱗類ワラビー胎生動物動物界ゾウ(象)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

センザンコウの関連情報