コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントウソウ Chamaele decumbens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントウソウ
Chamaele decumbens

セリ科の小さい多年草で,日本各地の山野木陰に普通にみられる。葉は根生し,長い柄があり,葉身は2回3出の羽状複葉で,全体の長さ3~7cm,幅2~6cmになる。4月頃,高さ 10cm前後の茎の先に少数白色小花を複散形状につける。果実は長さ 3mmほどの長楕円体で緑色,熟すると汚褐色となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セントウソウ【Chamaele decumbens (Thunb.) Makino】

やぶ陰や林の中に生えるセリ科の小型多年草(イラスト)。葉の形がオウレンの葉に似ているところから,オウレンダマシと呼ばれることもある。葉は地中にある短い地下茎から根生し,長い柄があり,2~3回3出羽状複葉で,長さ3~7cm,毛がない。春に葉の基部から斜上する複散形花序を出して,先に数個の小さい散形花序をつけ,まばらに白い花をつける。花は小さく,白い5枚の花弁があり,花弁の先は内に巻いている。おしべは5本。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セントウソウ
せんとうそう
[学]Chamaele decumbens (Thunb.) Makino

セリ科の多年草。1属1種のみからなる日本の特産種で、茎は短く、花序が花茎状となり、高さ10~30センチメートル。葉は根生し、2~3回3出羽状複葉。葉柄は紫色を帯び、基部は膨らむ。3~5月、白色花を開く。果実には油管がない。山野の木陰に普通に生え、北海道から九州に分布する。葉の裂片が幅1ミリメートル以下と細い変種をミヤマセントウソウといい、本州から九州に分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セントウソウの関連キーワードイワセントウソウ黄蓮騙草人参

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android