コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントジョーゼフ Saint Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントジョーゼフ
Saint Joseph

アメリカ合衆国,ミシガン州南西部の港市ミシガン湖の南東岸,セントジョーゼフ河口にある。 1679年ラサールがここに探検基地をつくった。 19世紀初めから入植が始り,ブドウなどの果実をおもに栽培した。中頃には港として繁栄したが,その後は地方的な果実の集散地,缶詰,自動車部品,ゴム製品などの生産地。人口 9214 (1990) 。

セントジョーゼフ
Saint Joseph

アメリカ合衆国,ミズーリ州北西部の都市。ミズーリ川の東岸,カンザスシティーの北約 90km,カンザス州境にある。古くはインディアンに神聖視された土地であったが,白人により 1826年交易所がつくられ,43年町が建設された。カリフォルニアのゴールド・ラッシュのとき (1849) には汽船の基地,幌馬車隊への補給基地としてにぎわった。トウモロコシ,タバコ,牧草,穀物などの農業のほか,大規模な家畜市場があり,精肉,酪農,製粉業が行われ,衣料,鋳物,電気製品などの工業も立地する。州立精神病院がある。人口7万 1852 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セントジョーゼフの関連キーワードポニーエクスプレスセントジョーゼフ川フォートウェーンアメリカ合衆国エルクハートオールバニ川スペリオル湖クロンカイトサウスベンドラ・サールジェームズホーキンズヒューズホイト

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android