コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントトマス島 セントトマスとうSaint Thomas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントトマス島
セントトマスとう
Saint Thomas

西インド諸島東部,バージン諸島西部の島。プエルトリコの東約 60kmに位置する。アメリカ合衆国領バージン諸島の主島で,中部南岸に首都シャーロットアマリエがある。東西に長い火山島で,最高点 474m。1493年クリストファー・コロンブスが「発見」。1666年デンマークが占有したが,オランダ人イギリス人入植。1680年以降黒人奴隷の労働力によりカリブ海域有数の砂糖生産地となり,繁栄。その後領有の変遷があったが,1917年セントジョン島セントクロイ島とともにアメリカ合衆国がデンマークから購入。住民の 80%は黒人。主産業は観光で,これにより住民 1人あたりの所得はカリブ海地域で最高となっている。面積 83km2。人口 5万1634(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セントトマス島の関連キーワードピサロ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android