コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントビンセント Saint Vincent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントビンセント
Saint Vincent

正式名称 セントビンセントおよびグレナディーン諸島 Saint Vincent and the Grenadines。
面積 389km2
人口 10万1000(2011推計)。
首都 キングスタウン

西インド諸島東部,小アンティル諸島南東部,ウィンドワード諸島中部にある島国。セントビンセント島とその南に連なるグレナディーン諸島の北部からなる。セントビンセント島は森林に覆われた火山島で,北部にある最高峰スフリエール山 (1234m) は 1812年,1902年に大噴火,その後も何度か火山活動を繰り返しており,最近では 1979年4月に噴火している。熱帯貿易風帯に位置し,1~5月が乾季。しばしばハリケーンに襲われ,1980年には大きな被害を受けた。 18世紀頃からイギリス人,フランス人,オランダ人が植民を開始し,領有の変遷を経て 1783年イギリス領。この間しだいに圧迫されていった先住民のカリブ族は 1795年蜂起したが,翌 1796年鎮圧され,大部分がホンジュラス沖のバイア諸島へ追放された。 19世紀奴隷制廃止後ポルトガル人,インド人などの労働力を導入し,サトウキビ栽培を続けた。 1969年西インド諸島連合州に加盟し,その一州として完全な内政自治権を獲得したのち,1979年 10月 27日独立し,イギリス連邦の構成国となった。住民の約 95%はアフリカ系黒人および混血。公用語は英語であるが,フランス語方言も広く使用されている。主産業は農業で,バナナ,クズウコンを中心に,芋類,プランテーン (料理用バナナ) などを栽培。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セントビンセントの関連キーワードネルソン(Horatio Nelson Viscount Nelson)セント・ビンセント・グレナディーンズの要覧自国通貨に「ドル」の呼称を使用している国セントビンセント及びグレナディーン諸島アキノ(Corazon Aquino)セントビンセントおよびグレナディン諸島セントビンセント・グレナディーン諸島セント・ビンセント・グレナディーンズセントビンセントグレナディーン諸島ウィンドワード[諸島]セント・ビンセント島レブロン ジェームズサンビセンテ岬の海戦ラルフ ゴンサルベススーフリエール火山西インド[諸島]東カリブ諸国機構小アンティル諸島カンガルー[島]サン・ビセンテ岬

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セントビンセントの関連情報