コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セント・ポール セントポール

2件 の用語解説(セント・ポールの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

セント・ポール

米国,ミネソタ州の州都。ミシシッピ川を隔ててミネアポリスと対し,双子都市として有名。交通の要地で,機械,自動車コンピューター,電気製品,石油製品などの工業が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セント・ポール
せんとぽーる
Saint Paul

アメリカ合衆国、ミネソタ州東部にある同州の州都。ミシシッピ川を見下ろす断崖(だんがい)に位置する。人口28万7151(2000)。隣接するミネアポリスと双子都市を形成し、この都市圏に州人口のほぼ60%が集中する。州の行政、商工業、文化の心臓部であり、輸入港、および鉄道を中心とした交通の要衝でもある。豊かな天然資源と広い後背地に恵まれているため工業が発達し、コンピュータ、自動車、機械、電気製品、食品などの製造が盛んで、印刷、出版、食肉出荷業も重要な産業となっている。18世紀後半ごろから白人による開拓が始まったが、本格的な定住は1838年からで、49年に準州の州都になり、ミネソタが独立州に加わった58年からも引き続き州都の地位を確保してきた。当初はピッグズ・アイとよばれていたが、1841年に丸太造りの礼拝堂が建設され、聖パウロに献納されたことから現地名となった。1860年ごろからの鉄道の開通に伴って、東部からドイツ系、アイルランド系移民が定住し、同市の基礎づくりに大きな役割を果たした。市周辺は、湖や海水浴場、スキー場などのレクリエーション施設が多く、全米最大といわれるセント・パトリックの日のパレードは人気がある。世界最大の大理石ドームをもつ州議事堂はバチカンのサン・ピエトロ大聖堂をモデルにしたもので、同市のシンボルとなっている。1955年(昭和30)長崎市と姉妹都市提携を結んだ(日本の都市としては最初のもの)。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セント・ポールの関連キーワードアリゲーターセントポールミシシッピ川ミネアポリスアイオワミシシッピミネソタルイジアナセントアンソニー滝ナッチェス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セント・ポールの関連情報